Moisturizing

【美肌】夏こそ肌を保湿してキレイになろう!簡単保湿ケア3選

エステティシャンで二児のママのカオリです。

「夏場になると肌の調子が悪い」
「夏になるとメイクのノリが悪い」
ということはありませんか?そんなあなたは、肌が乾燥している可能性が高いです!
夏は汗をかくし、肌は乾燥していないと思うかもしれませんが、夏こそ肌の奥が乾燥しやすい季節なのです!
今回の記事では、夏の簡単保湿ケアを3つ紹介していきます!綺麗な肌で夏を楽しみましょう!

夏こそ保湿をしよう!

「夏は肌が乾燥しない」と思っている人が多いかもしれません。でも実は冬よりも夏のほうが肌には辛い季節!
夏は、日焼け、汗、冷房、暑さによる寝不足などで肌疲れが起き、乾燥が進んでいる人が多いのです。でも汗や皮脂が多く出ているので、肌が潤っていると感じてしまう人が多いです。

【夏に肌が乾燥する原因】
・冷房
・汗
・紫外線
・寝不足

また、肌が潤っていると、日焼けによるダメージも最小限にとどめることができるので、夏は絶対に肌を乾燥させないようにするべきなのです!

① 乳液を使う

肌の保湿方法のひとつめは、乳液を使うこと。
「そんなの当たり前」と思ったかもしれませんが、すごく暑い日は、お風呂上りに汗をかいてしまい、化粧水、乳液をつけずに寝てしまった……。なんて経験がありませんか?
また肌がべたつくのが嫌だから、夏場は化粧水しか使わないなんて人もいるはず。

夏場は、汗や皮脂があるせいで、肌が潤っている感じがすると思いますが、肌の奥は乾燥が進んでいます。乳液やクリームは肌の蓋をする大切な役目があります。夏こそしっかりと乳液やクリームまで使うようにしましょう!

また髪を乾かすときに汗をかいてしまう人はドライヤーが終わった後に、1回顔を拭いてからスキンケアをするようにしましょう。

② お水を飲もう

Moisturizing

夏場の保湿方法のふたつ目は、水分補給をすること!「熱中症予防のために、子どもには水分をたくさん飲ませているけど、自分はあんまり飲んでいない……。」なんてママさんが多いかもしれませんが、肌のためにも水分をたくさん飲むように意識をしましょう!

人間のカラダの60%は水分でできています。肌にとっても水分は大切ですが、カラダ全体の水分が不足すると、肌への補給は後回しになってしまいます。つまりカラダが水分不足になると、肌もカラカラに乾いてしまうということ!

夏場は水分不足になりやすいので、いつも以上に意識をして水分を摂るようにしましょう。また、お茶やコーヒーは利尿作用があり、水分が排出されやすいので、水を飲むようにしてくださいね!

 ③ 日焼け止めは2時間に1回

Moisturizing

「日焼けをしたあとは、肌が乾燥するな~。」
と感じたことはありませんか?
肌の老化の原因の80%は紫外線と言われていて、肌をかなり乾燥させてしまいます。

でも小さいお子さんがいると、プールや海、外遊びなどで、どうしても日焼けをする機会が多いですよね。そんなときは必ず2時間に1回は日焼け止めを塗りなおすようにしましょう!

「2時間に1回も塗りなおすなんて無理!」と思うかもしれませんが、マメに塗りなおすことで、日焼けを確実に防ぐことができます。おすすめはスプレータイプの日焼け止め!お子さんの手を離すことなくサーっとスプレーで日焼け止めを塗ることができます!

またツバの広い帽子も必ず被るようしましょう!

保湿をして綺麗な肌で夏を楽しもう!
夏は、紫外線、冷房、汗などで、肌が乾燥しやすいです。肌が乾燥すると、老化しやすくなり、メイクのりも悪くなってしまいます。
夏の保湿ケアは、乳液を使うこと、水をたくさん飲むこと、日焼け防止をすることの3つ!
しっかりと保湿ケアをして、肌を綺麗に保ちましょう!

★那口絵理監修オススメ記事★

1.おすすめの日焼け止め
2.喜ばれる手土産
3.都内から行きやすい!おすすめの日帰り温泉3選

Moisturizing

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search