天気痛

雨の日に赤ちゃんがグズグズ。原因は“天気痛”かもしれません!

雨の日が多い梅雨の時期はママにとって本当に憂鬱な季節です。
洗濯物は乾かないし、子供の幼稚園や保育園の送迎、習い事に行くにも覚悟が必要です。 しかも、赤ちゃんはグズグズで機嫌が悪い。
大人でもなんだか気分が晴れませんが、赤ちゃんの機嫌の悪さ、それは“天気痛”の影響かもしれません。
今回は、謎の体調不良の原因“天気痛”について学んでみましょう!

天気の悪い日に体調不良。知っていますか?“天気痛” のメカニズム

天気痛

梅雨の時期のような天気の悪い日が続くと、頭痛や関節の痛みが酷くなる……。
そんな方はいませんか?実はその痛み、気象が関係しているかもしれません。

天気痛を引き起こす要因は気圧・気温・湿度といくつかありますが、
一番大きく影響があるのは“気圧”だと考えられています。

耳の奥に位置し、三半規管や前庭など体のバランスを保っている器官である内耳。
敏感な人はちょっとした気圧の変化も感じ取ってしまうのです。

内耳が感じた気圧の変化は前庭神経を通って脳に伝達され、自律神経はストレス反応を引き
起こします。

すると交感神経が興奮し、その結果痛み物質が分泌され、痛み神経を刺激、痛みを感じるというメカニズムです。

ゲリラ豪雨などは、気圧の上下が激しいため具合が悪くなる方も多いでしょう。
“天気痛”は梅雨時だけではなく、梅雨が明けるときも要注意だそうです。

頭痛以外にも、腰痛や関節リウマチ、うつ病や歯周病にめまい、耳鳴りなど人により不具合が出る場所は様々です。

このような体の不具合は大人だけに限ったものではありません。

子供は上手く症状を説明できない分見過ごしてしまいがちですが、
子供が天気の悪い日に体の不調を訴えたら、それは“天気痛”かもしれません。

赤ちゃんも感じている“天気痛”

天気痛

天気の悪い日に「赤ちゃんの機嫌が悪いことが多い。」、「グズグズしてあまり寝てくれない。」
そんな体験があるママも多いのではないでしょうか?

小さな赤ちゃんも“天気痛”の影響を受けることもあります。

赤ちゃんは、環境の変化に適応して体の状態をコントロールする能力がまだ発達していないので、急激な気圧の変化に影響を受けやすいのです。

まだ小さな赤ちゃんの頭は頭蓋骨も未発達で、大泉門という隙間が開いており、
脳血管の拡張によって受ける刺激も大きく、大人よりも強い頭痛を感じている可能性もあるそうです。

天気の悪い日にグズることが多いのはこのためかもしれません。

どうすればいいの?“天気痛”の対処法

てn

“天気痛”は天気と体調の関係性を知ることで、痛みが起こる規則性が分かるようです。
そのためには日記のような記録をつけると分かりやすいでしょう。
記録するのは、天気、気圧の変化、痛みの強さ(赤ちゃんなら泣き方や泣いていた時間など)、運動、睡眠などです。

便利なアプリもあるようなので活用してみましょう。

しかし、大人の場合なら規則性が分かったら、事前に鎮痛剤を飲むなどの対処も出来ますが赤ちゃんはそうもいきません。

赤ちゃんや子供の場合には、大人にも有効な以下の方法を試してみましょう。

内耳のむくみをとるマッサージは効果的だとされているので、
両耳たぶを上下横に5秒ずつ引っ張りながら動かします。
次に耳たぶを軽く引っ張りながら、後ろにグルグル5回まわします。

また、温めるのも効果が期待できるみたいです。
紙コップに蒸しタオルを入れて耳たぶを隠すように当てて温めてみましょう。

他には自律神経を整える、「内関」(人差し指と親指の骨が交差するくぼみの所)や
「合谷」(手首の内側にあるしわの真ん中から指3本分の所)という
手や腕のツボを刺激してもいいとされています。

“天気痛”があることを理解しましょう。

天気痛

“天気痛”は子供の体調だけではなく、ママやパパの体調にも影響しているかもしれません。
怠けていると誤解されがちな体調の不調も“天気痛”だと分かれば対処の方法もありますし、自分や周りが理解することでストレスが減り、結果的に体調の改善にもつながるでしょう。

日頃疲れているパパにもマッサージをしてあげたり、頭痛を抱えている自分にも優しくしてあげましょう。

みんなの笑顔が少しずつ増えることで嫌な梅雨の時期も乗り切れそうですよね!

★那口絵理監修オススメ記事★

1.ママにオススメの雨の日グッズ
2.忙しいママに役立つ便利なサービス【Uber Eats】
3.【銀座エリア】食パンのおいしいお店

関連タグ

天気痛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search