dentifrice

一歳になる前の『歯磨き』どうやったらいいの?気を付けたいこと!

一歳前後のお子さんがいるママやパパの皆さん、『歯みがき』はどんな風にされていますか?

お子さんは、嫌がらずにしてくれますか?

歯磨きをしてあげたいのに、嫌がってさせてくれない、歯ブラシは持つけど磨かせてくれないといったお悩みを持っている方も多いと思います。

また、この時期はしっかり磨いてあげないと虫歯にかかりやすい時期でもあります。

まだ自分でうがいができない一歳前後のお子さんの場合、どのような点に注意して歯磨きをしてあげたらいいのか?ポイントや注意点をまとめてみました。

これから歯みがきを始めようと思っている方、既に歯みがきを始めたけどなかなか上手くいかずにお困りのママやパパの参考になれば幸いです。

■月齢に合った『歯ブラシ』を選んであげよう

 dentifrice

歯みがきを嫌がるお子さんの場合、歯ブラシを持つのもイヤだというかもしれません。

でも、ママやパパは虫歯になる方が可哀そうに思い、押さえつけてでも磨いているという方も多いでしょう。

そのようにしてしまうと、子供にとっては「歯みがき」の時間が怖い時間と感じてしまうお子さんも少なくありません。

まずは、お子さんが好きなキャラクターものの歯ブラシを使ってみる、色などのデザインから気に入るものを選んであげると良いですね。

他にも、月齢に合わせて歯ブラシを選んであげると良いでしょう。

例えば、生後6ヶ月くらいの赤ちゃんであれば、歯ブラシといってもゴムでできたような歯ブラシもあります。

丁度、カミカミが始まる時期でもあるので、よだれがたくさん出てきます。

持ちやすさも合わせて選んであげましょう。

もしかしたら、歯みがきが嫌なのではなく、歯ブラシが口や歯に合っていないだけかもしれません。

迷った時は、月齢に合った歯ブラシを選んでみましょう。

■仕上げ磨きはしっかりと!

 dentifrice

歯ブラシを自分でしっかり持てるようになり、磨く真似を始めたら歯みがきのスタートです。

最初は、歯ブラシをかんでいるだけかもしれません。

上手に磨けていなくても大丈夫です。

まずは、歯みがきをすることに慣れることが大事です。

ある程度、歯ブラシを充てても嫌がらずに磨けるようになったら、最後の仕上げ磨きをしっかりしてあげましょう。

この時は、両足にお子さんをはさんで手が触れないようにします。

そして、上唇をしっかりと持って上の歯を丁寧に磨いてあげましょう。

少し泣くかもしれませんが、上の歯は丁寧に磨かないと歯石がたまり、虫歯になりやすいので注意が必要です。

下の歯も磨いたらこれで歯磨きは終了です。

「よくがんばったね!」と思い切り褒めてあげてください。

ママやパパから褒められることで、自信に繋がり歯みがきの時間がきっと楽しみになるはずです。

■うがいが出来るようになったら「フッ素」を取り入れよう!

虫歯予防には、「フッ素」が配合された歯みがき粉を付けると良い、などと言われたことのある方も多いと思います。

でも、うがいがまだ上手にできない一歳前後のお子さんの場合、フッ素を使った歯みがき粉で磨いても飲みこんでしまう可能性があります。

フッ素は、飲み込んでも問題ないものが多いのですが、嫌がってしまい上手にできない場合もあります。

うがいがまだできないうちは、そんなに焦らなくても大丈夫です。

もし、どうしてもフッ素を塗ってあげたいと思ったら、近くの歯医者さんで相談してみるといいですね。

またフッ素スプレーなら、うがいができない赤ちゃんにも安心して使用することができます。

フッ素入り歯みがきの濃度と比べると10分の1程度なので、うがいをしなくても安心して使えます。

ただし、歯みがきの後の仕上げ用として使うのが前提です。

まずは、こうしたスプレータイプもあるのでお子さんの様子をみて決めてあげましょう。

歯みがきは楽しい!と思えるところからスタートしてみるといいですね。

うがいが上手にできるようになったら、フッ素入りの歯みがき粉を使ってみましょう。

★那口絵理監修オススメ記事★

1.イーママビューティー主催イベント
2.子供の習い事
3.子どもの運動神経・身体能力が伸びる!発育に有効的な時期とキッズトレーニング

関連タグ

dentifrice

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search