魔の5歳児

チビッ子怪獣!5歳児と向き合う方法

5歳児と言えば、幼稚園や保育園でも慣れてきた頃。 自分の居場所を見つけ、子供の世界もずいぶん広がってきたことでしょう。

イヤイヤ期も卒業して、お話も理解できるし、1人で出来ることも多くなってきました。

やっと、子育てが楽になってくる!と思ったら。「アレ?」怒ってばかりな気がする……そんなママはいませんか?

何を言っても口ごたえをするし、言葉使いも乱暴。

生意気な態度の5歳児に大変な思いをしているママも多いはずです。

今回はそんなチビッ子怪獣である5歳児とどう向き合うかを考えてみましょう。

5歳児あるある!こんな態度ありませんか?

魔の5歳児

5歳前後の年齢を持つママに、以下の③つのうち1つでも心当たりがあるなら、

それは“5歳児の反抗期”かもしれません。

では、どんなサインなのか見てみましょう。

【①園では抜群にいい子】

家ではワガママし放題。これでは、幼稚園や保育園で先生は苦労しているはずと相談すると、意外な答えが返ってくることもあるでしょう。

先生のお話では、園では別人のようにいい子。それなのにお家の方には気持ちを直球でぶつけてしまいます。

【②ああ言えば、こう言う】

何か教えようとすると「今からやろうとしていたの!」と口ごたえ。

何かをやりなさいと言っても「だって……」と文句。

気持ちよく「はい」と返事できないのが特徴です。

【③親のあげ足を取る】

「だめだよ」と叱ると、「ママだってやっていない」、「この前ママも〇〇だったよ」と親の言動や行動をあげて上げ足を取ります。

なにかしら言い訳をしてやりません。

5歳児の反抗期どうして起こるの?

魔の5歳児

昨年まで居た、お兄さんやお姉さんが卒園してついに最高学年になった子供たち。

今まで羨ましかったことにも挑戦させてもらえたり、何でも自分1人で出来ることに喜びでいっぱいです。

そんな幼稚園とは対照的に、お家ではまだまだ子ども扱い。

お家の方から、細かい注意を受けると自分が思っている理想の自分とのギャップに

ストレスが溜まってしまいます。

5歳児が思う自分像は、お家の方が思うおよりずっと完璧でプライドが高いのです。

そのため、感情のコントロールが出来ず、大人から見ると反抗的な態度に出てしまいます。

『もう、赤ちゃん扱いしないで!』子供の心はそのように叫んでいます。

しかし、この態度は、子供が順調に成長してきている印です。

口ごたえも、自分で道筋を立てて考え、伝えられているということです。

思ったことを素直に伝えているだけでも、大人から見ると反抗しているように見えてしまいがちですが

自分の気持ちと考えをきちんと整理できるからこそ、口ごたえも出来るのでしょう。

親の言動のあげ足を取ることも、子供の頭の中で「こうしたら、こうなるから、こうしたほうがいい」と因果関係の理解が深まっている証拠です。

今まで経験した判断やルールを応用して考えているのです。

5歳児との関わり方を変えてみましょう!

魔の5歳児

では、どのように関わり方をすればよいのでしょうか?

成長に合わせた関わり方をして、ちょうどいい距離を考えてみましょう。

【結果ではなく過程を褒める】

失敗したり、上手くできなかったとしても、挑戦したことや頑張ったことを褒めてあげましょう。

そうすることで、結果が良くなくても「頑張って良かった」と肯定できます。

この思いが次への意欲に繋がるのです。

【聞いてくれるまで待つ】

子供の持つプライドや出来ると思っている思いの強さはお家の方が思うよりもずっと強いものです。

子供の為と思って、先回りをすることは逆効果です。

【完璧を求めすぎない】

できることが増えたので、あれも、これもとやらせたくなりますが、まだまだ出来ないことも沢山あります。

要求が高すぎるとやる気がなくなってしまいます。

少しずつ取り組んで自信をつけさせましょう。

親子のちょうどいい距離を見つけましょう。

魔の5歳児

お子さんは毎日少しずつ成長しています。まだまだ、子供だと思っていたお子さんも自立へのステップを自分から踏み出しました。

あまり近くで関わりすぎず、ちょうどいい距離を見つけましょう。

お家の方に安心感を持っているからこそ、反抗も出るのです。

大変な時期ですが、できるだけ笑顔で親子が過ごせるように、

お子さまが頼もしく成長する姿をちょうどいい距離で感じてみましょう。

那口絵理監修オススメ記事★

1. ママに役立つ便利なサイト ~ファストドクター~

2. ママに人気!インスタグラマーのご紹介!

3. 乾燥の季節。美容にも効果のある加湿器の紹介

関連タグ

魔の5歳児

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search