弱視

ひょっとしたらうちの子も?お子さんの目【弱視】ではありませんか?

今、子供の弱視が問題になっているのをご存知ですか?

弱視はテレビの見過ぎやゲームをし過ぎたからのものではなく、
生まれ持った視力がほとんどです。

私たちの目は網膜に映像が映っただけでは物を見ることが出来ず、
その映像が視神経を通って大脳に伝わり、初めて見ることが出来るのです。

子どもの視力は、はっきりと物が見えにくい状態でいると、「視覚伝導路」と呼ばれるこの道筋に適切な刺激が与えらず、視力の発達が止まり弱視になってしまいます。

つまり、発達の途中に何かの原因で物が見えにくい時期があると、
見えにくい方の視力の発達が止まってしまうのです。
極端に言えば乳幼児期に片目を眼帯で覆ってしまうとその眼の視力は
発達しません。

実は、うちの子供も最近弱視だということが分かりました。
弱視の知識はもちろん、他にも学んだことがあったので、
今回は体験談も含め、子供の弱視についてご紹介します!

そもそも【弱視】って何?

弱視

視力は、言葉や運動能力と同じように成長に伴いだんだんと獲得する能力です。

通常0歳では0.1ぐらいの視力しかなく、3歳ごろになると半分以上の子供が1.0で
はっきりと見えるようになり、6歳で大人と同じ視力に達するとされています。

この視力の成長期に、何らかの邪魔な要因が入って正常な視力の成長が遅く、
眼鏡をかけてもよく見えない状態を「弱視」と呼びます。

弱視は子供が目の不具合を言葉にして伝えられるのが3歳ではなかなか難しく、
4歳ごろに発見されることが多いようです。

弱視の原因は様々ですが、目の病気ではないかの確認をすることも重要です。
目の病気で弱視になっている可能性もあるので、
しっかり検査できる年齢になるまで本当に弱視と判断することは難しく、視力検査だけではなく、屈折検査や斜視検査など総合的に判断して弱視になる可能性が非常に高いと判断した場合に予防的な治療を開始します。

視力の成長は、治療の効果が最も現れる時期である10歳ごろを過ぎると治療の効果が
出にくくなります。
そのため、早期治療を開始するほど、治療に反応して視力が改善していく可能性が高まるのです。

弱視には4つの種類があります。

弱視

弱視は【医学的弱視】と、【社会的弱視】に分けられます。

医学的弱視は、視力の発達時期になんらかの原因によって適切な刺激を受け取ることが出来なかったために生じた弱視で、眼鏡をかけたり訓練をしたりすることで視力が良くなる可能があります。

社会的弱視は、あらゆる種類の目の病気によって生じた弱視で、回復困難な視力障害のことを言います。

今回ご紹介しているのは医学的弱視で、
「医学的弱視」には次のような4つの原因があります。

【斜視弱視】
生まれつき右眼と左眼の視野が違う場所に向かっている、斜視のある場合です。
片目の視線がずれているので、その目が使われないために視力が発達せず弱視になります。

〇治療法
訓練と斜視手術を組み合わせて行います。訓練は、良い方の目にアイパッチなどで目を隠して弱視の目を使わせます(遮閉法)。3歳までなら遮閉法で多くのお子さんが回復します。

【屈折異常弱視】
遠視・近視・乱視が両眼とも強いために、網膜にきちんとピントが合わず、そのことにより
おこる両眼の視力障害です。1番多いのは遠視による弱視です。生まれつきはっきり物が見えていない状態だったために視力が成長しにくくなっています。どの程度屈折異常があるかを、瞳孔を広げるための目薬を1週間ほど点眼し続け、その後視力検査などを行います。

〇治療法
眼に合った眼鏡を着用します。その後、アイパッチを使用するなど発達に合わせた
治療をします。

【不同視弱視】
遠視・近視・乱視の屈折度数の左右差が強いためにおこる片目の視力障害です。片目の視力は正常に発達しているため、生活上に不自由はなく周囲からも気づかれにくいです。片目のみ弱視なので、片目ずつの視力検査や屈折検査を行います。

〇治療法
まず眼鏡を着用して様子を見ます。その後、視力の改善が思わしくない場合には、
視力が良い方の目を隠して、視力の悪い方の目の能力を上げる訓練(健眼遮閉)をします。

【形態覚遮断弱視】
生まれたときから瞼が下がっている(眼瞼下垂)、黒目の部分が濁っている(角膜混濁、先天白内障)などの病気で、網膜に刺激が充分に入らず視力が発達しなかったことからなる弱視です。

〇治療法
原因となっている疾患を出来る限り取り除きます。先天白内障では程度に応じて、水晶体摘出手術が行われることもあります。経過観察の過程で、屈折矯正や健眼遮閉などの弱視治療を行います。

弱視治療の目的と治療法

弱視

治療の目的は眼鏡をかけて1.0の視力が出ることです。
視力は1.0が正常値で、それ以上であっても正常とされます。
ピントがあっている状態でも視力が出ることが重要なので、裸眼視力がいくら悪くても、
眼に合った眼鏡をかけた状態で1.0の視力が出れば弱視ではありません。

弱視の種類の項目でも少し触れましたが
弱視の1番の治療法は早急に眼鏡をかけることです。

眼鏡は親も出来ればかけさせたくないと思いますし、子供も嫌がるかもしれませんが
眼鏡をかけなければ、鮮明な画像が脳に送られず、視力は回復しません。

少なくとも視力の発達が望める8歳ごろまでに正常な視力にするように眼鏡をかけましょう。

眼鏡を作りに行きましょう! いい眼鏡を補助活用でゲット!

弱視
お子さんは大人と違って鼻が低いため眼鏡がずれやすいです。
眼鏡がずれてしまうと、眼鏡の効果が減って治療にも影響するので、
調整などのメンテナンスは常に必要です。

コンタクトレンズによる矯正方法もありますが、
コンタクトレンズは取り扱いに注意を要するので、特別な場合を除いては
眼鏡をかけることが第1選択です。

家の子供の場合、子どもの視力回復には年齢制限があると聞いて
子ども眼鏡専門店にて眼鏡を作りました。

眼鏡店の店員さんの知識も豊富で
眼鏡のクオリティーも高く満足ですが
なんせ高い!今回は合計5万くらいしました。

しかし、補助がありました!
健康保険組合と在住する市町村の補助で38000円くらいは出ると聞いて
少しほっとしました。

これから眼鏡を作るご家庭は必ず調べてからいかれた方がいいと思います!

子どもの笑顔の為に!気になったら眼科を受診しましょう!

弱視

我が家の場合は、3歳児検診を受ける際に自宅で行う簡易テスト
(蝶や車の絵を決められた場所から見せて見えるかする確認するテスト)
で、「あれ?」と思ったのがきっかけです。

その後、3歳児検診では泣いてしまって検査にならず、
紹介状を書いてもらい、眼科を受診したところ弱視が分かりました。

分かってからは、少し落ち込んだのですが
まだ、治る見込みがあると聞いて
前向きに取り組むことにしました。

子どもも眼鏡をつけると
「よく見える」と言っています。

「今まで見えなかったのか、、、」と可哀想にも思いましたが
嬉しそうに「見える」と言う子供の笑顔が見ることが出来て
嬉しく泣きそうになりました。

子どもの弱視は治ることが多いです!
しかも、10歳ごろまでには視力が決まってしまうのです!
弱視の発見のためには早期の受診がなんといっても大切です。
出来れば小児眼科専門医だと今後の話も親身に聞いてくれます。

お子さんがテレビを近くで見ている、斜めに見ているなど
少しでも気になることがあったら
是非受診してみて下さい!

★那口絵理監修オススメ記事★

1.おすすめのヘア商品
2. 忙しいママに役立つ便利なサービス【Uber Eats】
3. 【銀座エリア】食パンのおいしいお店

弱視

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search