運動不足

毎日の生活の中で出来る!ママの運動不足を解消する方法とは?

赤ちゃんが生まれて「ママ」になると、自分のことは後回し、気が付けば運動不足で体重が戻らないとお悩みのママがとっても多いです。

本当はおしゃれにジムに通ったり、ヨガを習いに行きたいけどそんな時間もお金にも余裕がない、そんな時は毎日の生活を少し工夫して運動タイムを作ってみましょう。

実際に、私も運動不足が原因で数週間「便秘」になったことがあります。便秘になると、お腹は痛いし家事も思うように進みません。

それでも、子供はいつものように甘えてくるし、自分のやりたいことをやりたい時にできないストレスから、食べ過ぎて体重が増えてしまいました。

そんな時に思いついたのが、毎日の生活でできる運動をすることでした。無理やり、ヨガ教室に通わなくてもできる運動があると思ったのです。

今回は、私のように育児中の運動不足に悩むママさんの参考になればと思い、いくつか自宅でできる運動をご紹介したいと思います。

■わざわざ〇〇しよう!と思わないこと

運動不足

運動をしたいママは、「親子ヨガ教室」や「ベビーマッサージ」などわざわざ、教室に通わないと運動できないと思っている方が多いです。

でも、実はそんなことはありません。毎日の生活を少し見直してみましょう。

ママは、朝起きたらすぐに朝食の支度をします。その間に洗濯ものを洗ったり、食器の後片付けがあればお皿洗いもあります。

その間に、子供がぐずれば「ママ~、抱っこして~」とおねだり、二人以上お子さんがいるママなら上の子の面倒を見ながら家事を進めなければなりません。

でも、そのおねだりを上手に使って家事をしながら運動も出来たらどうでしょうか?少しキツいかもしれませんが、子供を抱っこしながら家事ができたらかなりの運動になります。

まずは、毎日の育児でいっぱいだという方は、何か教室に通って運動をするよりも自宅でできる運動を工夫してみましょう。

■赤ちゃんと遊ぶことも「立派な運動」!

運動不足

運動したいな、と思ったらお子さんを膝にのせて高い高いをしてみてください。お子さんも喜ぶこと間違いなし、親子のスキンシップもできて運動にもなるので一石二鳥です。

上下に高く上げたり低くしてあげることを、何度か繰り返すことで太ももを鍛えることができます。

次いでにウエストを引き締めたい方は、お子さんを膝にのせたまま左右に腰を動かしてみましょう。

これは意外と腹筋を使うので、ウエストを引き締めたい方におすすめの運動法です。

■お子さんと公園で遊ぶことも十分な運動に!

運動不足

公園に行ったら、子供が遊ぶ姿を見ているだけ、なんて方はとっても勿体ないです。せっかくなので、一緒に鬼ごっこや、かくれんぼをしてみてはいかがでしょうか?

まだ走り回るほど、歩けないというお子さんの場合は、一緒に砂場でお城を作ったり穴を掘るだけでも意外とパワーを使います。

途中で、「トイレに行きたい!」「お水を持ってきて~」なんて、おねだりされても面倒臭がらずに運動だと思って一緒に行ってあげましょう。

わざと重たいバケツを持参して、大量の水を持って行ってあげてもいいですね。

大切なポイントは、わざわざ運動しようと思うのではなく、「普段の生活の中で運動を取り入れる」ことが大切です。

■子供がいる時は「今できること」を楽しむこと!

運動不足

子供が小さなうちは、自分の時間を自由に使えないことにストレスを感じてしまうママも多いと思います。

でも、子供が小さいのは今だけです。毎日の生活の中で、どうやったら運動できるか?工夫してみるのも楽しいですよ。

産後の体系を戻したい方、運動をして綺麗に痩せたい方は、まずは毎日の生活の中でできることから取り入れてみましょう。

いつもは車で行っていたコンビニに歩いて行ってみる、エレベーターを使わずに階段を使うなど工夫してみるといいですね。

少しでも運動不足を解消して、健康な体づくりを目指しましょう。

★那口絵理監修オススメ記事★

1.おすすめのヘア商品
2.都内から行きやすい!おすすめの日帰り温泉3選
3.これまでのエステの常識を覆す革新のエイジングケア「メタジェクト」

関連タグ

運動不足

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search