生理不順

生理不順の原因とは?妊娠しやすい体づくりに大切なこと!

妊娠を希望している方にとって、生理不順はとても辛いものです。

毎月、定期的にきていた生理がこないとなると、排卵日も予測できなくなりますし、妊娠しやすいタイミングを掴むことも難しくなります。

このまま一生、生理が来なかったらと不安になったり、赤ちゃんができない体になったらどうしようと心配になってしまうこともあります。

次はいつ生理がくるのかと、ストレスを感じてしまうという方も多いでしょう。

今回は、生理不順になってしまう原因と対策法、妊娠しやすい体づくりに必要なことについて詳しくみていきたいと思います。

赤ちゃんを望んでいる皆さん、生理不順でお悩みの皆さんの参考になれば幸いです。

■生理不順になる原因と対策法!

生理不順

生理不順になる原因は、いくつか考えられますが、主に『ホルモンバランスの乱れ』が関係しています。

最近、精神的なストレスを感じていませんか?

新しい職場や、生活環境の変化によるストレスもホルモンバランスの乱れを引き起こしやすいです。

また睡眠不足、冷え、過度なダイエットも注意が必要です。

それから生理不順になる原因として、授乳中の場合です。

授乳中はどうしてもホルモンバランスが崩れやすく、生理がきても規則正しくくるとは限りません。

赤ちゃんを望んでいる方は、断乳も視野に入れてみるといいですね。

女性の体は、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という二つのホルモンが分泌されます。

生活習慣の乱れやストレスにより、この二つのホルモンの分泌量が大きく変化してしまうと、生理不順になりやすいです。

妊娠前は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の働きである「受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする働き」や、「卵巣内の卵胞を成熟させて排卵や受精に備える働き」を活発にする必要があります。

生活習慣の乱れやストレスにより、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、こうした働きがスムーズにいかなくなることもあります。

そうならないためにも、日頃から体を温めること、靴下や腰巻などを上手に取り入れて「冷え対策」をすることも大切です。

またストレスを上手に発散しながら、気持ちの切り替えを行うことも重要です。

まずは焦らずに、生活習慣の見直しをすること、十分な睡眠を確保し体の調子を万全に整えることから始めましょう。

■適度な運動も大事!

生理不順

生理不順の原因の一つである「冷え」は、運動不足が原因となり血行不良から引き起こされています。

血行不良に陥ると、自立神経が乱れるだけでなく、体に栄養分や酸素が十分にいきわたらなくなり、「むくみ」の原因にもなります。

妊娠を希望している方にとって、このような血行不良は様々な害を及ぼす可能性があります。

一日の中で短い時間でもいいので、適度な運動をとりいれるようにしましょう。

運動をすることで代謝が上がり、血行促進に繋がります。

血行が促進されると、自律神経が活発になるので気持ちも安定してきます。

普段あまり体を動かすことがない方は、この機会に少しずつ運動を始めてみるといいですね。

普段はエレベーターしか使わない方は、階段を利用してみるなど今、できることから始めましょう。

■健やかな体づくりを始めよう!

生理不順

もし生活習慣を改善したり、適度な運動をしてもなかなか妊娠できない、といった場合には産婦人科に相談してみることをおすすめします。

もしかしたら、生理不順になっている特別な原因があるのかもしれません。

妊娠を希望している方は、まずは焦らずに産婦人科に行ってみましょう。

その際に、基礎体温表や生理周期の分かる記録表を持って行くと相談しやすいですね。

まずは、夫婦でよく話し合うこと、生理不順になってしまう心当たりがある場合は、今から少しずつ改善していく方法を考えましょう。

原因が分かれば、あとは対策を立てて一つ一つ改善していくだけです。

妊娠しやすい健やかな体づくりのためにも、まずはストレスを溜めないこと、今できることから始めましょう。

★那口絵理監修オススメ記事★

1.忙しいママに役立つ便利なサービス【Uber Eats】
2.【銀座エリア】食パンのおいしいお店
3.ママに役立つ便利なサイト ~ファストドクター~

関連タグ

生理不順

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search