ティーツリーオイル

我が家の欠かせない存在!「ティーツリーオイル」で肌のトラブル解消

カナダ在住のソライロタラコです。

自然の写真

去年の冬に、いきなり目の周りが赤くなり頭皮がボロボロむけだしてしまったうちの主人。しばらくはほっておいたのですが、ひどくなる一方でした。しかたなくその後病院に行ったのですが、先生もわからずじまいで、ステロイド入りの強い薬を処方されました。つけて何時間かは良くなるのですが、またすぐに悪くなるの繰り返し。そこで、体に害なく直す方法はないかと探していた時に見つけたのが「ティーツリーオイル(Tea tree oil)」でした。

今回は、我が家では絶大な効果を発揮したこのオイルの効能をご紹介します。

 頭皮のお悩みに効果抜群

突然発症してしまった主人の肌トラブル。頭皮のトラブルに一番効果があったのが「ティーツリーオイル」でした。

ティーツリーオイル

使い方は簡単。直接2〜4滴を手にとってそのまま頭にすり込みます。「ティーツリーオイル」ならではのスーッとした匂いとともに、頭皮もかなりすっきりします。これを何日か繰り返すうちに、頭皮のトラブルが落ち着いてきました。カナダではシャンプーも発売されており、今でも毎日のケアはシャンプーにお任せして、週に1〜2度のオイルケアを欠かさず続けています。

「ティーツリーオイル」の効能の一つに、ドライスキンをしっとりさせる効果があり、ふけなどの頭皮トラブルにも効果があるそうです。
また、シラミにも効果があるらしく、頭のつむじの部分と耳の後ろの部分に少量塗っておくとシラミが寄り付かないそうです。

女の子の後頭部

 ニキビやアトピーにも効果あり

 また、カナダでは「ティーツリーオイル」はニキビやアトピーにも効果があると言われています。ココナッツオイルを小さじ1、「ティーツリーオイル」を5滴、それからラベンダーオイルを5滴混ぜたものをローションとして直接肌に塗ります。またはローハニー(加熱処理されていないはちみつ)を小さじ1に「ティーツリーオイル」5滴を混ぜたものを肌に塗り、しばらくしたら水できれいに洗い流してください。

主人の場合は、食事にもフルーツを取り入れたりして、「ティーツリーオイル」との相乗効果を期待しました。

ベリー

 まずはパッチテストで試してみて

主人には効果のあった「ティーツリーオイル」ですが、強い殺菌効果を発揮するため、目の周りや肌の弱いところなどには使えません。そして少数の人にはアレルギー反応が出てしまうこともわかっています。まずはパッチテストなどで腕や足などに少量を試して、アレルギーがないか確認してから使用してください。

 今では、我が家に欠かせない存在の「ティーツリーオイル」。確かな殺菌力で、今日も我が家の肌をトラブルから守ってくれています。

関連タグ

ティーツリーオイル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search