ヨガをする女性

【腰痛&美脚に効くヨガ】犬・猿・前屈のポーズで産後の下半身を整えよう!

某調査によると、出産経験者が一番悩んでいる身体の不調は“腰痛”との結果が出ていました。
今回はヨガ・ピラティスのインストラクターのmamayogaが、美と健康を追求する皆さんのために、腰や股関節を整えながら美脚効果もあるアド・ムカ・シュワーナ・アーサナ(犬のポーズ)と、ハヌマン・アーサナ(猿のポーズ)、そしてパシチ・モッターナ・アーサナ(前屈のポーズ)をご紹介いたします。

アド・ムカ・シュワーナ・アーサナ(犬のポーズ)

ソファに座るイヌ

イメージしやすい言葉で表現すると、“下を向いた犬のポーズ”とも言います。手のひら足の裏に4個ずつ、合計16個のボールがあるとイメージします。この16個のボールの上で力を均等に分散することが大切です。

アド・ムカ・シュワーナ・アーサナ

太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)が固い方は、足の裏を全てつけるのは難しいかもしれません。その時は膝を曲げてもらってもOKです。腰から足の裏側の筋肉がほぐれ、美脚に導かれていく感じを楽しみましょうね。

ハヌマン・アーサナ(猿のポーズ)

ゴリラ

最近イケメンのゴリラ君が話題になりましたね。実はヨガのインド神話でも、猿のポーズの猿君は超イケメンらしいのです!なんでもヨガの神々の中でもイケメン上位№3に入るというから相当なものです。イケメン情報はこれくらいにしておきまして、猿のポーズだけあって、難易度も高いヨガのポーズです。

ハヌマン・アーサナ

両足を前後に開くのですが、やってみるとなかなか出来ません。最初は後ろの膝をついて、手で身体を支えた状態で行いましょう。犬のポーズと同じ筋肉プラス股関節を使うので、犬のポーズをやった後に行うと、動きやすいです。こちらのポーズも決して無理をせず、少しずつ脚や股関節の伸びを感じながら、呼吸に合わせゆっくりと行いましょう。股関節のバランスの崩れからくる腰痛におすすめです!

パシチ・モッターナ・アーサナ(前屈のポーズ)

パシチ・モッターナ・アーサナ

皆さんが産まれてから今まで、一番多く行っているのが恐らくこの前屈のポーズだと思います。腰から両足の裏にかけて、同時に伸ばします。きつい時は膝を立てたり、タオルを足の裏に掛けて行いましょう。狭窄症などから来る腰痛におすすめですよ!

ヨガの良いところは、自分の身体を見つめながらできるというところです。決して無理をせず、できる範囲でやってみましょう。

関連タグ

ヨガをする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search