赤ちゃんのかかと

カサカサ「かかと」にさようなら! 予防とケアでつるりんベビー肌に

1歳の男の子を育児中のビューティーライターYUZUです。

お肌の乾燥に悩む冬。特に、「かかと」は、乾燥がひどくカサカサになってしまっていませんか? 人目に触れない部分のケアまで手が回らない! という忙しいママは多いと思いますが、この時期のケアこそ、夏のサンダル美人への近道ですよ!

今回は、簡単にできるカサカサかかと予防&ケアをご紹介します。

足への負担を減らして予防する

カサカサかかとの原因は、厚くなった角質。歩いたり立ったりすることによって生じる刺激・摩擦に対して、バリア機能が働いて、皮膚を強くしているのです。だから、体重を支えるかかとは、角質が厚くなってしまうというわけです。カサカサかかとを卒業するためには、まずは足への負担を減らすことが大切! かかとの角質が厚くならないようにして、カサカサかかとを予防しましょう!

①靴を見直そう!

靴による圧迫や摩擦は、角質を厚くします。サイズの合わない靴、硬い素材の靴、底が薄い靴などは避けましょう。
インソールの使用もおすすめです。土踏まず部分にインソールを入れて、足裏のアーチをサポートすることで、かかとへの余分な負担を減らすことができます。

②正しい姿勢を心がけよう!

姿勢が悪いと、カラダが歪んで足への負担が増えてしまいます。体幹を意識して、インナーマッスルを使うようにしましょう。
とは言っても、特別なトレーニングをする時間が無いのが、子育て中ママの現実ですね。そんなときは、「立つときも歩くときも、足指を浮かせずにしっかり地面につける」。これだけでも、効果がありますので、日常生活に取り入れてみてくださいね!

ケアのポイントは、保湿! 乾燥からかかとを守る

予防の次は、お肌の乾燥ケアです。

Level.1 塗るだけのシンプルケア

時間をかけられない日は、クリームやオイルを塗るだけのシンプルケアでOK! お肌が柔らかくなっているお風呂上りに行います。簡単なケアでも毎日続けることが大切です。

Level.2 余裕がもてる日は、ワセリンをプラス

ワセリンはクリームやオイルの蒸発を防いで、外的刺激からお肌を守るのに役立ちます。ベタベタするので、靴下を履いてくださいね。

Level.3 時々は、スペシャルケアを!

かかとのスペシャルケア

クリームやオイルを塗る際は、足裏からひざ下全体をマッサージしながら保湿しましょう。
テレビなどを見ながらできる楽ちんマッサージがおすすめですよ! 足裏マッサージには、ゴルフボール。ふくらはぎには、ラップの芯を使ったマッサージを試してみてくださいね。

さらに、使い終わった歯ブラシの柄も、くるぶし周りのマッサージに最適です。くるぶし周りには老廃物が溜まりやすいので、歯ブラシの柄を使って、内外のくるぶしをグリグリするととてもスッキリしますよ。
マッサージは、血行が良くなってお肌のターンオーバーが促進されるので、カサカサかかとの改善にもつながります。クリームやオイルにお好きな香りのアロマオイルを1滴ほど垂らせば、美容とリラックスの両方が叶う贅沢タイムに。

ケアに使用するクリームやオイルは、お手持ちのものでOK! クリームは、硬めのニベア青缶や、柔らかめのスチームクリームなど、お好きなテクスチュアのものを。オイルは、馬油やオリーブオイル、ホホバオイルなどはもちろん、ベビーオイルも使えます。

スヌーピーの保湿クリーム

靴、姿勢、保湿、マッサージ、この4つを心がけてみてくださいね。毎日のこまめな予防&ケアが、夏までに大きな効果をもたらします。赤ちゃんみたいなつるつるかかとを目指したいですね!

体の保湿も大事ですよね!そんな時はこちらの記事も参考にしてみてください。

↓    ↓    ↓

乾燥カサカサBODYは卒業!体の保湿は余ったアレでお手軽に

関連タグ

赤ちゃんのかかと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search