エディブルフラワー

これぞ旬の味、エディブルフラワー!食べられるオススメ新芽&花3選!

春のシェードガーデンは宝の宝庫!ワラビやゼンマイ、タラの芽やつくしが食べられるのは誰でも知っているけれど、今回はちょっとビックリ、食べる事ができるまさかの植物をご紹介します。

木の根元をちょっとのぞいてみてください。緑色の新芽が芽吹いていませんか?お子さんと一緒に、タブレット片手に食べられる植物やお花(エディブルフラワー)を探してみませんか?

※野草は紛らわしいものがたくさんあります。ご自身が植えた、安心できるものを食べてください。農林水産省のホームページに食べられる植物が記載されていますので、参考にしてくださいね。

ノースポール

ノースポール

キク科の可愛らしいノースポールは、花壇でよく見かけますね。
冬場から初夏にかけて白いお花を咲かせてくれます。ちょっと苦味のある、食用菊のような味わいですよ。サラダなどに使うと、味覚も視覚も愉しめますね!

ドクダミ

ドクダミ

匂いに特長があるドクダミは、煎じていただくことで便秘解消などに効果があると言われています。
以前の私はドクダミが庭に生えてくると、ちょっとうんざり。地下茎で伸びていくので、抜くのがとっても大変なんです。しかも匂いが苦手!
ところが天ぷらにすると匂いも殆ど気にならない……というか、何とも言えない風味に感じてしまうので不思議です。摘まれる際は手袋をお忘れなく。

ウルイ(食用ギボウシ)

ウルイ

以前、ギボウシを食べる県を紹介する、テレビ番組を観たことがあります。
まさか自分がギボウシを好んで食べるようになるとは、その時は想像もしませんでした。たまたま友人からウルイ(食用ギボウシ)の苗をもらい、翌年に恐る恐る天ぷらにしてみました。
これが滅茶苦茶おいしい!心配していた固そうな繊維も、全く気になりません。友人は合えもので食べるそうです。

ウルイの天ぷら

春先から初夏にかけては、様々な山野草やエディブルフラワーを愉しめる時期です。意外と身の回りに、食べられるお花や植物があることに驚きを感じますよ。ただ種類によっては危険なものもありますので、必ず農林水産省のホームページ等で確認して農薬等の散布されていないものをお試しください。

関連タグ

エディブルフラワー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search