しみ

シミをつくらない!ビタミンCコスメで美白肌を手に入れる!

0歳の男の子を育児中のビューティーライターYUZUです。

「美白コスメを使っているのにシミが消えない」。
それは、シミの種類とケアの方法が合っていないことが原因かもしれません。
シミを見つけたら、まずはどのタイプのものなのかを知ることが大切です。
美白コスメが有効であるシミ、治療が必要なシミ、飲み薬が効くシミ……。
シミの種類が違えば対策もそれぞれ。
正しい知識と判断が、シミのない美白肌へと導いてくれます。

シミの主な種類は6つ

老人性色素斑

もっとも多いのがこのタイプ。
紫外線によるダメージの蓄積が原因です。
薄茶色で輪郭がはっきりした丸に近い形をしているのが特徴。
はじめは薄い茶色ですが、徐々に濃く輪郭がはっきりとしてきます。
20代の頃に日焼けをしていたり、紫外線対策を怠っていた方は要注意。
日頃から美白コスメを使用することで予防できます。

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンのバランスが乱れる妊娠・出産期、更年期やピルの服用などによってできるシミ。
30代、40代に多くみられ、閉経すると自然に消える場合もあります。
両方の頬、額、上口唇など左右対称にできるのが特徴。
美白コスメと内服薬(トラネキサム酸)の併用が効果的です。

雀卵斑(じゃくらんはん)・そばかす

主に目の下にあらわれ、直径3~5mmの細かい茶色の色素斑がバラバラとできるのが特徴。
色白の人に多くみられ、遺伝的な要素で10代の頃からあらわれます。
遺伝なので消すことは難しいですが、日焼けによって濃くなるので、紫外線対策は必要です。

炎症性色素沈着

ニキビや虫刺され、傷、美容脱毛などが原因で、炎症と色素沈着によってできるシミ。
一時的なものですが、慢性的な炎症を起こさないよう、優しいスキンケアを心がけましょう。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

イボのように盛り上がったシミで、医学的には良性腫瘍に分類されます。
美白コスメは効きません。医師の元での治療が必要です。

花弁状色素斑

海水浴などで紫外線を浴び続けたとき、肩から背中にかけて広範囲にできるシミです。
レーザーによる除去が一般的です。

このように、シミは種類によって原因や有効な対策が異なります。
シミの種類を判断しづらいときは、皮膚科医に相談することをおすすめします。

老人性色素斑にはビタミンCが効く!

もっとも多いシミは「老人性色素斑」

紫外線などの刺激を受けると、お肌を守るためにメラノサイト(色素細胞)でメラニン色素がつくられます。
通常、このメラニン色素はターンオーバー(後述)により排出されます。
しかし、紫外線をたくさん浴びるとメラノサイトは活動し続けるため、メラニン色素が過剰に生成されて、排出しきれなかったものがシミとなって残ってしまうのです。

ビタミンCでシミ予防

ビタミンCは、メラニン色素が合成される際に働く「チロシナーゼ」という酵素をブロックしてくれる救世主。
日焼けする前にビタミンCをお肌に入れておくことで、シミを予防できます。

できてしまったシミにもビタミンC

ビタミンCには、ターンオーバーを促進する働きがあります。
ターンオーバーとは、細胞の新陳代謝、つまりお肌の生まれ変わりのことをいいます。
お肌の細胞は、奥から徐々に上へ押し上げられ、最後は角質になってはがれ落ちます。
20代ではおよそ28日周期で行われるターンオーバーですが、年齢を重ねるごとにその周期は長くなり、40代では40日周期に。
お肌にビタミンCを入れることは、ターンオーバーを促すことになるので、できてしまったシミへの対処法になるのです。

ビタミンC誘導体コスメで365日シミ予防

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、安定性が低くお肌への浸透力が弱いため、コスメには不向きな成分です。
そこで開発されたのが、新しい成分「ビタミンC誘導体」。
ビタミンCの効果はそのままに、デメリットを解消し、お肌に入りやすい形に安定化させたもので、厚生労働省が認めている美白有効成分のひとつです。
ビタミンC誘導体配合のコスメは、さまざまなブランドから発売されています。
ぜひ毎日のお手入れに取り入れてみてください。
夏だけでなく、一年を通して毎朝毎晩しっかり使用することが大切です。

ママたちにおすすめのビタミンC誘導体コスメを一部ご紹介します。

<アルビオン エクサージュホワイト セラムミスト 医薬部外品>
しみ
しみ
美白といえばアルビオン!
エクサージュホワイトはアルビオンの中ではリーズナブルで使い続けやすいシリーズ。
さわやかな香りとひんやりとした心地が好きで愛用しています。
アルビオンとは、ラテン語の「白」が語源。さすが美白の大御所ブランド。社名にも美白への思いが込められていますね。

<花王 ニベア リフレッシュプラスホワイトニングボディミルク 医薬部外品>
しみ
しみ
お顔だけでなくボディの対策も忘れずに。
こちらはこの春の新商品。
プチプラコスメでありながら、しっかりとビタミンC誘導体配合。保湿効果も高く、ニベア愛用者としても大満足な商品です。

番外編<アルロン・ジャパン トランスダーマC>
しみ
しみ
ビタミンC誘導体ではなく、高濃度のビタミンC(L-アスコルビン酸)を独自の技術でお肌へ浸透させることに成功した美容液。
水も油も含まず、香料、防腐剤不使用。
16,000円と高価格ですが、これ以上の美容液はないといえるほどの逸品です。

誰にでもできてしまう可能性のある老人性色素斑。
「老人性」と聞くと、まだまだ遠い将来のことのように感じますね。
しかし、ハタチがお肌の曲がり角。
イーママ世代は、紫外線からお肌を守りビタミンCでケアをすることが必須なお年頃です。

お肌だけでなく、目から入る紫外線もシミや日焼けの原因に。
メラノサイトの防衛反応により、メラニン色素を生成してしまうのです。
日焼け止め、ビタミンC、サングラス。
これが、シミのない美白肌をつくる三種の神器です。

⇒SPFのUV効果の計算式!?そんなのあったのね。

関連タグ

しみ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search