手とたんぽぽ

リラックス・過食を抑える効果も!簡単・手のツボ押しで、イライラ知らず

外の暑さとクーラーの入った涼しい室内の往復を繰り返していると、体温調整がうまくいかず、自律神経に不調をきたして様々な不定愁訴がでてきます。

イライラしたり、肩や首がこりだしたり、夜なかなか寝付けなかったり、場合によっては過食に走ったり。

10数年前、自分自身もこの様な不定愁訴に悩まされたことから、ツボや経絡の勉強を始めました。現在はヨガ・ピラティスのインストラクターとして、まるで別人のように元気に活動しているmamayogaが、より健康できれいなママを目指すあなたにおすすめのツボをご紹介します。

癒し・リラックス・過食を抑える!「心包」

中指

手には合わせて6本の気の流れがあります。

その中で今回ご紹介するのは、中指から始まる「心包」という気の流れ上にある「労宮(ろうきゅう」・「大陵(だいりょう)」というツボです。

気の流れは線路と思ってください。線路の途中に点在するのが駅、つまりツボです。「心包」は文字通り心と非常に関係がある気の流れで、「心包」の流れが滞るとメンタルの乱れから起こる体調不良がおこり、逆にメンタル的な抑圧が続くと「心包」が滞るといわれています。夏の暑さからくる疲れや、家事や育児のストレスと関係深い気の流れとも言えますね。

上手に「心包」のツボを活用して、よりイキイキと美しいママを目指しましょう♪

手のひらの真ん中「労宮(ろうきゅう」

ツボ押し

親指を外に出してげんこつを握ってみてください。中指、場合によっては薬指が当たっているところが労宮です。

とっても疲れた時、強いストレスを感じた時に押してみましょう。げんこつを握るだけで押せるので、とっても簡単ですね(親指を外に出す事を忘れないでください)。

孫悟空やウルトラマンが戦いの時に出す光線は、労宮から出るとも言われています。それ位、パワーのあるツボです!

手首にある「大陵(だいりょう)」

手のひらの地球

手首のしわのど真ん中が「大陵(だいりょう)」です。メンタルがちょっと不安定だな……と感じた時に押してみましょう。

脈を計る場所でもあるので、ご自分の鼓動を感じながら吐く息に合わせて優しく押します。少しずつ心が落ち着いてくるのがわかりますよ。

ツボというと“見つけづらい”とか、“難しい”という先入観を持っている方も少なくありませんが、とってもわかりやすく簡単に押せるものも数多くあります。今回ご紹介した2つのツボは手のひらにありますので、自分で押しても良いし、お子さんやご主人のツボをお互い押し合うのも、スキンシップやコミュニケーションがとれて、うれしいですね(不思議なもので、ツボは押してもらった方が圧倒的に気持ちいいです)!

ママがはつらつと元気でいてくれると、家全体が明るくなります。ツボを上手に活用して、ストレスと上手に向き合いましょう。

関連タグ

手とたんぽぽ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search