冬でも日焼け止めは必要?正しい冬の紫外線対策方法を知ろう!

夏はもちろん、寒くなる冬でも紫外線は降り注いでいます。

そのため美容業界では「冬でもしっかりと紫外線対策をする」ということが常識となっていますが、夏と同じような日焼け対策をするべきなのか、冬には具体的にどのような紫外線対策をすればいいのか分からないという方もいるでしょう。

そこで今回は冬のただしい紫外線対策方法についてくわしくご紹介していきます。

実は冬にはしわやたるみの原因となる紫外線が多い!

ultraviolet_1

紫外線にはUVAとUVBと呼ばれる2種類のものがあり、夏には日焼けの原因となるUVBが多くなります。

ですが冬はシミやしわ、たるみなど老化の原因となってしまう肌トラブルを引き起こしてしまうUVAと呼ばれる紫外線が多くなってしまうのです。

そのため、冬もしっかりと紫外線対策を行う必要があります。

UVA対策ができるPA値の高い日焼け止めを選ぼう

日焼け止めに記載されている数値SPFとPA。

これらの数値はそれぞれSPFはUVB、PAはUVAを防止できる効果の高さを表してします。

冬に多くなるUVAをしっかりと防ぐには、PA値の高い日焼け止めを選ぶことがオススメです。

SPF値もPA値も両方高いものを選んでもいいのですが、実はSPF値が高い日焼け止めほど肌に負担をかけてしまう化学物質が多く含まれており、肌にはよくありません。

冬はどうしても肌が乾燥しがちで敏感になっているので、SPF値は低めでPA値が高い日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

具体的には日常的に利用するものはSPF値が30以下でPA値が++以上のもの。

スキーなどのウィンタースポーツをする際にはSPF値が30以上でPA値が+++以上のものが良いと言われています。

肌への負担が小さい日焼け止めを選ぼう

SPF値とPA値以外にも、冬は日焼け止めを選ぶ際に気を付けておきたいポイントがあります。それは肌への負担が小さいものを選ぶこと。

具体的には以下のような機能のある日焼け止めがオススメです。

・紫外線吸収剤フリー
・保湿成分が含まれている
・クレンジングがなくて石鹸で落とせる

すべての条件を満たしている必要はありませんが、日焼け止め選びで悩んだらこれらの条件をチェックして、より多く当てはまっているものを選ぶことをオススメします。

雪の降る地域は照り返しにも注意しよう

ultraviolet_2

上空から降り注ぐ紫外線に対しては日傘や帽子などでも対策が可能です。

ですが、冬は雪による反射で顔の下の部分にも紫外線が当たることがあります。

特に雪の降る地域に住んでいる方や、スキーなどのレジャーを楽しむ際には注意が必要です。

冬は子供と一緒にスキーに出かける、というママも多いでしょう。

スキーに出かける際には特に注意して、顎の下や首元にもしっかりと日焼け止めを塗ってくださいね。

乾燥対策もしっかりと!

前述したように、冬は乾燥しがちで肌が敏感になりやすい状態です。

日焼け止めはどうしても肌に負担をかけてしまうので、スキンケアも念入りに行いましょう。

特に乾燥対策をしっかりと行うため、こまめな保湿ケアが重要です。

使う化粧品は保湿力の高いものを選び、夜のスキンケアの際には化粧水・乳液・クリームなどを利用して冬の乾燥から肌を守りましょう。

室内に加湿器をかけて乾燥しづらい環境を整えることも大切です。

ultraviolet_3

冬も夏と同じように紫外線対策をしていればいい、と思っていたという方も多いでしょう。

ですが今回ご紹介したように、冬には冬に適した紫外線対策方法があります。

日焼け止めもシーズンごとに使い分けることで、より効果的で肌への負担を抑えた方法で紫外線対策を行うことができます。

これを機に、是非冬用の日焼け止めを手に入れて、活用してみてくださいね。

もちろん、スキンケアも念入りに行い、肌トラブルのない冬を過ごしましょう!

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. 寒い冬を乗り切ろう!ママ向け防寒グッズ。
2. これまでのエステの常識を覆す革新のエイジングケア「メタジェクト」
3. イーママ主催ヨガイベント

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search