辛い足冷え!妊娠中・産後になりやすい理由と対処法

監修:那口絵理

冬場、特に辛いのが足冷えです。
妊娠中や産後は冷え性になりやすいので気をつけたいものです。

妊娠中は、睡眠不足やつわりなどでストレスが増える時期なので、自律神経や女性ホルモンが乱れて血管が縮まり、血液が循環せずに体が冷えやすくなります。
妊娠中のお腹を突き出すような立ち姿勢は骨盤に負担をかけ、血のめぐりを悪化させます。運動量が減ると、全身に血液をいきわたらせ体を温める筋肉の力も弱まってしまいます。

産後も自律神経やホルモンバランスは乱れやすく、体が冷えやすい状態は続きます。さらに妊娠時に蓄えていた脂肪は出産とともに排出され、授乳でも体の栄養は失われるのでますます体は冷えてしまいます。

冷え性が招くさまざまな問題

冷え性は万病の元です。だるさ、不眠、頭痛、立ちくらみ、吐き気、腹痛、下痢、肩こり、腰痛、便秘などを引き起こします。
さらに、妊娠中には早産や難産、逆子のリスクが高まり、産後は母乳を不味くしてしまいます。
crying

足冷え対策

足冷えしやすいママは、手も冷えやすいのではないでしょうか?

手足の冷えにお悩みのママは、体を温める力がもともと弱いので、一年を通して体を冷やす食べものや飲み物は避けるようにしましょう。体を温めやすい食べ物はニラ、ネギ、しょうが(パウダータイプ)、チンゲンサイ、小松菜、玉ねぎ、サケ、イワシなどです。積極的に取り入れるようにしましょう。ただし、しょうがは生で摂取すると体を冷やすので、パウダータイプや乾燥しょうがにしましょう。手袋や靴下をはくのも有効です。

体を温める飲み物は下のページでご紹介しています。
→温かいだけじゃダメ!?体を冷やすドリンクと温めるドリンク

tea

冷えや寒さを感じた時の対処法

どんなに気をつけていても冬場は体が冷えてしまいます。そんなときは、手軽にできる足浴がおすすめです。足を温めるだけでも全身を温める効果があります。

我が家の冬は、外から帰ったら手洗い、うがい、足浴がセットです。歩けるようになった子ども達に足浴をさせたら、じんわり温かくなるのが気にいったみたいで大好きになりました。

足は少し熱くても大丈夫なので、40~42度くらい。お湯にアロマオイルを数滴たらせばリラックスもできるのでおすすめです。私はよくラベンダーやローズマリーのアロマオイルを使っています。

癒し効果のあるアロマですが、出産直後は避けてください。また、ペパーミント、マジョラムは乳腺を抑制する効果があるので避けましょう。他にも体に影響を与えるアロマオイルがあるので、授乳中にアロマオイルを使うときはお店のアドバイスを聞いて十分に注意しましょう。

筋肉を鍛えて冷え対策

1番血液を運ぶポンプ作用が強いのは足の筋肉です。体を温めるためには血のめぐりをよくする必要があるので、足の筋肉を鍛えることが冷え性の根本的な解決に繋がります。毎日の生活に取り入れてみて下さい。

□足の冷えストレッチ1

□足の冷えストレッチ2

いかがでしたか?
冷えには足のむくみも関係があるので、こちらも参考にしてくださいね!
→なぜむくむ?冬のムチムチ足のなおし方!

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search