妊婦の腹に耳をあて、様子をうかがう子供

妊娠中の出血に注意! 原因と緊急度、対処法

男の子と女の子、2人の育児真っ只中、ママライターのにこママです。

妊娠中はさまざまなトラブルや悩みがあると思いますが、その中でも出血は一番といっていいほど心配なものですよね。私自身も何度か経験し、とても焦ったことを覚えています。

出血の原因は、あまり心配のいらないものからすぐに受診したほうがいいものまでさまざまです。今回は、注意する出血とその原因、対処法について紹介します。

妊娠中の出血は珍しいものではない?

妊娠中に出血をしてしまったら、ビックリして慌ててしまう方も多いと思います。特に初産の場合は、初めての体験ばかりなので、出血などのトラブルは心配になってしまいますよね。

でも出血は、正常妊娠の妊婦さんでも約25%の方が経験すると言われており、けして珍しいものではないんです。出血してしまったからすぐに受診しなきゃ! と思いがちですが、緊急性が低いものもあります。

緊急性が低い出血の症状

・少し血が混ざったピンク色のオリモノがあったが、1回から数回でおさまった
・鮮血だがごく少量
・鮮血ではなく、茶色っぽい出血があった
・内診の刺激による出血

このような出血は、緊急性が低くく、多くの方が経験します。すぐ受診する必要はないので、念のため激しい運動や無理な行動は避けて様子を見ましょう。

とは言え心配でしょうがない……という方は、産院に電話してすぐ受診した方がいいのか相談すると安心です。

また、上記のような症状に加え、激しい腹痛や強いお腹の張りなどがある場合は緊急性が高い場合もあるので、すぐ産院に連絡を取りましょう。

緊急性の高い妊娠中の出血は?

出血のときは腹痛が起こる
すぐに受診した方がよい妊娠中の出血もあります。

緊急性が高い出血の症状

・鮮血の大量出血
・激しい痛みを伴う
・お腹の強い張りを伴う

このような症状の場合は、緊急性が高いのですぐに受診しましょう。緊急性の高い出血は、次のようなことが原因になっています。

切迫流産・切迫早産

切迫流産や切迫早産は、流産一歩手前の状態のことを言い、妊娠22週未満を切迫流産、妊娠22週以降を切迫早産と呼びます。

出血をしても赤ちゃんの心拍が確認されており、子宮口がしっかりと閉じていれば、多くの場合は妊娠を継続できると言われています。

しかし、出血量が多い、出血が止まらない、腹痛やお腹の張りを伴う出血の場合は、すぐに産院に連絡して受診しましょう。妊娠して間もない時期での出血は対処法がなく、残念ながら流産になってしまうこともあります。流産は妊婦さんの約15%に起こると言われ、誰にでも起こりうることです。

前置胎盤

前置胎盤(ぜんちたいばん)とは、胎盤は子宮口にかかっている、または塞いでいる状態を言います。

前置胎盤かどうかは、妊婦検診のエコー検診でわかります。このような場合は、胎盤がはがれてしまい突然大量出血をしてしまう場合があるので注意が必要です。妊娠が継続できない場合もあるので、大量出血をしてしまった時はすぐに受診をしましょう。

もし1人でいる時に出血してしまい、対応できなかったり動けなくなってしまった場合は、迷わず救急車を呼んでください。

私の妊娠中の出血体験談

出血が問題ないか超音波でチェックする妊婦

私自身、1人目も2人目も妊娠中に出血を経験しています。特に1人目の時は、妊娠がだめになってしまうのでは……と、とても不安になりました。どちらの出血も、私の場合は絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)が原因でした。

絨毛膜下血種とは、子宮内膜と絨毛膜の間にできてしまった血の塊のことです。妊娠して子宮内に胎盤を作る過程で絨毛と呼ばれる組織が子宮内膜に根を張っていきますが、この時に子宮内膜の血管が傷つけられて出血して血の塊ができます。

絨毛膜下血腫は、妊娠初期に起こりやすい出血です。出血量は少なく、エコーでも血の溜まっているのが見えましたが、たいていの場合は体に吸収されてなくなっていくといいます。

1人目を妊娠していたとき、「絨毛膜下血腫が吸収されないと、子宮に溜まった血が対外に排出される際、胎嚢(赤ちゃんが入っている袋)を一緒に押し出し流産を引き起こす危険がある」と説明されました。

2人目の時は胎嚢と血の溜まりがとても近く、流産の可能性が高いと言われ、とても怖かったのを覚えています。
絨毛膜下血種は治療法がなく、できるだけ安静にしておくことが一番の対処法となります。上の子の育児や家事などがありましたが、できる範囲で安静にしていました。

どちらも週数が進むにつれてだんだんと血の溜まりが小さくなっていき、体に吸収されていきましたよ。

妊娠中の出血は、時には妊娠が継続できなくなってしまう原因ともなるので、確かに怖い症状ですよね。

でも、必要以上に不安になったり慌てたりする必要はありません。まずは落ち着いて、出血の色や量、他の症状がないかなどを確認しましょう。前置胎盤などの深刻な状況であっても、適切な対処で妊娠継続は十分に可能です。

妊娠中の出血は、見逃さないようにすることが大切です。でも妊婦さんの不安な気持ちは赤ちゃんにも伝わってしまうので、「いつか出血してしまうかも……。」と長い妊娠中いつも不安定な気持ちにならないようにし、おおらかな気持ちで過ごしてくださいね。

また、妊娠中でも入れる保険もあるので、もしものときに備えることも大切ですよ。

↓  ↓  ↓
 

妊娠中の保険加入でお得になることも!? 妊娠・出産の保障について考える!

妊婦用の保険加入を考えるための資料

関連タグ

妊婦の腹に耳をあて、様子をうかがう子供

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search