乾燥カサカサBODYは卒業!体の保湿は余ったアレでお手軽に

監修:那口絵理

夏が終わるとお肌の乾燥が気になり出しますが、乾燥する原因をちゃんと知っていますか?肌の乾燥は外気の湿度が低くなるからだけではありません。夏に強い紫外線を浴び角質層がダメージを受けることで、保湿機能が低下し、さらに気温が下がることで代謝が落ちてターンオーバーが乱れ、角質が厚くなり、水分量が少なくなってしまうためです。敏感肌になるのも角質層がダメージを受けることで肌を守る「バリア機能」が低下し、外からの刺激が入り込みやすくなるためです。
特に産前産後のママは敏感肌になりがちなので、今までよりもっと気をつけて乾燥肌対策をしましょう。

加えるだけじゃダメ。まず取り除くことが大切


保湿クリーム

乾燥肌のお手入れ方法として一番大切なことは、厚くなってしまった角質を取り除いてあげること。そのために週に1回はスクラブでケアしてあげましょう。毎日スクラブケアをすることは逆に乾燥を招いてしまいますので、週に1回というタイミングを守ってくださいね。もちろん、スクラブケア後はクリームでの保湿を忘れずに。
スクラブで厚くなった角質を除去することにより、クリームが浸透しやすくなります。
腕の内側やももの内側は敏感なので、まずは膝など他の部位よりも角質が厚い箇所からスクラブケアをスタートしてください。

保湿のタイミングは朝・昼・夜が理想

ボディ

日常お顔の肌にも朝晩化粧水やクリームを使うのと同様、体も同じ肌。首から下、全身にも同じお手入れをするのが理想。最低1日2回朝晩の保湿クリームは塗りましょう。
ハンドクリームは外出先でもこまめに塗りますよね?それと同じように、出来れば日中もクリームを塗ることが理想です。トイレに入るタイミングで腕や脚に塗ってあげるだけでも効果は出ますので、頑張って続けてみてください!

余ってしまったココナッツオイルと砂糖で手作りスクラブ

ココナッツオイルでシュガースクラブ

流行りに乗って買ったココナッツオイルが使い切れずに余っているなら、お砂糖と混ぜて手作りのシュガースクラブを作ってみて。
スクラブといえば塩のイメージがありますが、実はお砂糖は肌を柔らかくしてくれる上に保湿効果もあるのです。さらにココナッツオイルの保湿効果も加わって、しっとりすべすべお肌にしてくれます。
シュガースクラブの作り方はとても簡単。大さじ1杯のココナッツオイルと小さじ2杯のお砂糖を混ぜるだけです。お風呂で濡れた肌にシュガースクラブをのせ、優しくマッサージしてみてください。余分な角質が剥がれて、ツヤツヤなお肌になりますよ。
マッサージの前に、スクラブを手にとり両手のひらで温めて少しお砂糖を溶かすと、お肌への負担を減らすことが出来ます。
このシュガースクラブは唇のマッサージにもオススメですよ。

我が家の加湿器は1年中大活躍

私の乾燥肌対策の最強アイテムは加湿器です。乳幼児は体温調節が上手にできないので夏も冬もエアコンをつけ続ける時間が長くなってしまうのですが、部屋の空気がとても乾燥してしまうことが悩みでした。そのため、我が家では冬だけでなく夏も加湿器を使って部屋の湿度を適度に保っています。
加湿器はちゃんとお手入れをしないとカビが発生し、加湿どころかカビを部屋中に撒いてしまう恐れがありますので、説明書通りにお掃除をしてくださいね。

お肌の乾燥対策は意外と簡単で、あまりお金をかけなくてもしっかりケアすることが可能です。
本格的な冬を迎える前に十分に対策をして、しっとりプルプルのお肌を取り戻しましょう!

 

冬のママを悩ませるカサカサ手あれ。しっとり手肌を保つためのハンドケア方法はこちら→

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search