頭痛などが睡眠不足を招く

産後1ヶ月は睡眠不足でついにダウン! ママの風邪は大変です!

2歳のイヤイヤ期真っ只中の子どもを育ててちょっと疲れ気味のママライターCANDYです。

産後1ヶ月、出産から怒涛のような日々が過ぎて睡眠不足でフラフラ……。気がついたら「もう1ヶ月!?」といった状況でした。そんなとき、日頃の睡眠不足で風邪をひいてしまったのです。

そこで今回は産後1ヶ月での睡眠不足や風邪の辛さ、予防するための行動を私の経験からお話ししていきます。

産後1ヶ月は睡眠不足でフラフラ!

睡眠不足を診断する医師
子どもの1ヶ月検診が済むまでは、実家にお世話になっていた私ですが、ちょうど実家から帰ったタイミングで風邪をひいてしまったのです。

毎日頻回授乳が続き、さらに体のあちこちが痛くてなかなか眠るに眠れず睡眠不足がどんどん蓄積されていました。そんな中、免疫力がかなり下がってしまって普段滅多にかからない風邪にかかってしまったんですね。

風邪を治そうにも産後1ヶ月は睡眠不足でフラフラだったので、なかなか治りも遅くて困りました。具合が悪い時に自分のペースで眠ることができないというのは、今まで経験したことがなかったのでとても辛かったのを覚えています。

風邪をひきながらの授乳が辛い!

風邪をひいてしまって何よりも大変だったのは、やはり昼夜問わずの授乳でした。私が体調不良でも睡眠不足でも、子どもは容赦なく泣いておっぱいを求めてきますからね。

赤ちゃんは、しばらくは私の免疫をもらっているから風邪にはかかりにくいとは聞いていたものの、やはりどこかで移ってこの子に風邪を引かせてしまったらどうしよう……と不安で仕方ありませんでした。風邪をひいたらゆっくり睡眠をとって休んでくださいと良く言われてきましたが、それがママになると通用しないのだなということを痛感しました。

このことから、やはりママが元気でないと思いっきり育児ができないし、楽しめないと考えるようになり、風邪をひかないための行動を実践していったのです。

風邪を予防するためにおこなったこと

睡眠不足をしないためによく眠りたい
育児中に風邪をひくと、普通に風邪をひくよりも何倍も苦しい思いをするということが分かった私は、とりあえず風邪予防のために睡眠不足を解消することを実践していきました。

今までは、子どもが寝たら家事をやったり自分の好きなことをやろうと考えて、まったく眠れていなかったのです。でも、子どもの睡眠ペースに合わせて昼間に細切れでも眠るようにしたら、ずいぶん体調も良くなってきました。
やはり睡眠不足は万病のもとだなと、今回の風邪で痛感しました。

また風邪だけではなく、イライラなど心の不安定さも落ち着いてきたように思います。睡眠不足になると、やはり人はイライラしなくても良いところでイライラしてしまうものなんですよね。そうなると、気持ちよく育児が進まず余計に悪循環に陥ってしまうのです。

いかがでしたか?

実家にお世話になっていたとき、母が毎日のように「子どもが寝たら一緒に寝なさい、その間に何かしようとか思っちゃダメ」と言っていました。今思えば、最初からその言葉を信じていうことを聞いていたらよかったのになぁと悔やまれるところです。

まずは、頻回授乳があってもその合間の睡眠リズムを赤ちゃんに合わせることが大切です。しっかり睡眠不足を解消して、風邪に負けない免疫力を維持しましょう。

睡眠不足でなくても、ママは育児や家事などでつかれやすい環境にいます。
こちらの記事では、抗疲労習慣について紹介していますので、よろしければご覧ください。

↓  ↓  ↓
 

抗疲労習慣を身につけてママ元気!~育児疲れの予防&解消法~

抗疲労習慣を身につけてママ元気

関連タグ

頭痛などが睡眠不足を招く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search