月経血コントロールとは? もう一つの生理期間の過ごし方

ニュージーランドの大自然の中で二人の子育て真っ最中のママライターYangです。

生理中は通常ナプキンやタンポンが必需品。でも、使わずにこの期間を過ごす女性達がいるとご存知でしょうか? 
信じ難いかもしれませんが、女性の中には初潮のときから自然とそうしてきた人や、何かのきっかけでするようになった人など、一般的に思われている生理とは違った過ごし方をしている人がいます。

彼女達がしているのは、月経血をコントロールするということです。

生理の過ごし方、あなたは? 

menstruation201605_Yang_2

皆さん、生理中はどうやって過ごしていますか? 
多くの方が生理用ナプキンやタンポンなどを使用して、約一週間の生理期間をやり過ごしているのではないでしょうか。現代の生理用品はとても優秀で、種類も豊富。どこでも手に入り、当たり前のように使用していますよね。

では、生理用品に頼らずに過ごすことを想像したことがありますか? 生理用品に頼らず、自分の意識と自然の感覚で経血を排出すること、それが月経血コントロールです。

コントロールなんて言うと、修行が必要で普通の人にはなせない技術のように感じてしまいますが、少しの練習と意識があれば誰でも取り入れることのできる生理期間の過ごし方なんです。
むずかしいことは考えず、要は「トイレで経血を出せるだけ出しておく」ただそれだけなんです。生理の二日目などにトイレで用を足そうと座ると、自然と経血がトロトロ流れ出てくるのを経験したことはありませんか? その状態を意識的にするだけなのです。

実践! 月経血コントロール! 

月経血コントロールを実践するにあたり、まず日頃から心掛けておきたいことは、骨盤底筋を意識して引き締めることです。

骨盤底筋は、女性の美と健康の要ともいえるインナーマッスル。尿道、肛門、膣を引き締める役割をしています。気付いた時にキュっと引き締めましょう。

⇒骨盤底筋の鍛え方はこちら

menstruation201605_Yang_3

それではいよいよ実践です。
生理が来たら、いつもより骨盤底筋を意識し、膣に蓋をするイメージで常に締めるようにしておきます。トイレに行くたびに経血を出し切るようにしましょう。ふーっと息を深く吐き、下腹部に力を入れます。いきなりドバっと流れ出てくることもあれば、少し時間がかかることもあります。排尿のように一瞬ですっきりという感じではなく、ゆっくりと時間をかけて出します。

最初はわかりにくいですが、何度かするうちに、「今溜まっていた分は出し切ったな」と、感じるようになります。

慣れるまでは1時間に一度くらいの間隔でトイレに行きます。回数を重ねるごとに、長い時間経血を溜めることができるようになってくるでしょう。最初のうちはナプキンを併用した方が安心です。汚れがだんだんと少なくなっていくのを楽しみにしながら、気軽にトライしましょう! 

ある程度上手になると、多い日でもおりもの用シートで過ごせるようになったり、ナプキンを全く使わなくなることも。でもこれには個人差がありますので、完璧を求めず、気持ちよくできる範囲で続けましょう。

月経血コントロールのメリット

月経血コントロールのメリットは、ずばり生理期間を快適に過ごせるようになることです。

menstruation201605_Yang_4

まず、ナプキンなどの生理用品の消費量がグンと減ります。「多い日の夜用スーパー」のような、おむつと間違えるほど大きなナプキンを使うこともなくなるでしょう。生理用品の消費量が減ると、ゴミも出さずにエコですし、購入量も減るので経済的。コントロールが上手になり、大きなナプキンを必要としなくなれば、ゴワゴワ、ヨレ、ムレ、モレなどの不快感ともさよならです。急に生理がきて、何も持ち合わせてなくても、慌てることもなくなります。

そして、経血がただ流れ出ていて、それをナプキンやタンポンに吸ってもらっているのは、緩んだ蛇口から水がポタポタと漏れ続けているのと同じ状態。骨盤底筋を意識し、膣に蓋をするように締めておくと、おのずと姿勢が良くなり、スタイルも良く見えます。

ほかにも、ホルモンバランスの改善やPMS(月経前症候群)、生理痛や生理不順の改善などにも繋がるなど、骨盤底筋を鍛えることにより女性にうれしいことが沢山。生理中にただ経血を流しているのと、姿勢を正し経血をコントロールできているのとでは、どちらが女子力が高くなるかは明白ですよね。

月経血コントロールをしてみることで、今までは何となくやり過ごしていた生理と向き合うようになります。すると自分の身体、特に女性にとって大事な卵巣や子宮などを、大切に慈しむ気持ちが生まれてきます。生理は女性にとって、月に一度の体の大掃除です。その期間を、めんどくさい、ダルイと片付けていてはもったいないかも? 月経血コントロールを身につけて、女子力もアップ! 快適な生理期間を過ごしてみてはいかがですか。

骨盤へ意識を向けることは、初め難しいかもしれません。そんなときは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

↓       ↓       ↓

産後ヨガで心も体もリフレッシュ!

ヨガ

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search