大きくなったお尻を救え! 産後ダイエットでヒップアップ

監修:那口絵理

産後、ママ達を悩ませるおしりの形。お尻のサイズが変わってスタイルがよくなったママもいますが、産前よりヒップが大きくなったり、垂れてしまったりして悩むママがたくさんいます。でも、「出産したんだからしょうがない。」と諦めるのはまだ早い!正しい方法でケアすれば、出産前のヒップを取り戻すことができます。もしかしたら、出産前よりヒップアップしちゃうかも!?

脂肪のついた尻、垂れた尻の原因は2つ!

おしりの形が崩れるのは、骨盤が歪み、筋肉が衰えてしまうからです。
筋肉がおしりの形を作りますが、その筋肉をうまく働かせるためには骨盤が正しい位置に収まっていなければなりません。
骨盤の歪みを治したうえで正しい方法でトレーニングすれば、鍛えづらいおしりの筋肉も比較的すぐに刺激し、鍛えることができます。

骨盤の歪みを改善する方法はぽっこりお腹は産後ダイエットで撃退! そのポイントは骨盤!でご紹介しています。

普段の生活にヒップアップガードルを活用しよう!

プレゼンテーション1

ワコール 産後ガードル シェイプマミーガードル(ロング丈) 64 ブラック MGR378
 

いつも通りの生活をしながら手軽におしりの形を整え、ヒップアップするには、市販のヒップガードルが役立ち、身につけるだけでキュッと上をむいたカッコイイおしりに見せてくれます。
また、そのときだけ形を整えるのではなく、はき続けることでおしり自体のラインも綺麗に整えてくれます。
寝るときは身につけないでください。着圧が強いので血流が悪化して逆効果になってしまいます。

下着を見直してみませんか?少しづつシェイプアップ効果の高いアイテムとは?

ついやってしまう避けたい癖

座るときに足を組んだり、内またで歩く、猫背になるのも骨盤を歪ませる原因になります。特に足を組むのが癖の人は多いと思います。知らず知らずのうちに骨盤を歪ませてしまうので意識して気をつけるようにしましょう。

自分でできるおしりを引き締める方法

自分でできるおしり引き締めストレッチとトレーニングをご紹介します。サポーターやコルセットは外しておこなってください。

お尻ストレッチ1

お尻ストレッチ2

お尻トレーニング

また、立ち姿勢を気つけるだけでもおしりは鍛えられます。

おしりを鍛える立ち方

<1>足のつまさきとかかとをつけ立ちます。
<2>かかとをつけたまま、つま先を広げられるところまで広げていきます。
<3>このとき、左右の太ももとふくらはぎはぴったりとくっつけます。
<4>骨盤が正しい位置におさまり、おしりの筋肉が使われているのを感じると思います。

電車に乗っているときや横断歩道で待っているときなど、立ち姿勢にも少し気を使ってみてください。日常のちょっとした気遣いで産後も美しい体型、ヒップアップを手に入れましょう!

他にも自宅で実践できるトレーニングを美容トレーナー那口絵理が紹介しています。
→YouTube「E-mama Beauty イーママビューティー

関連記事:キュッと上がったお尻を作るには、大殿筋や中殿筋を鍛えることが不可欠。スクワットは、お尻を形良くするこれらの筋肉を、強化することができます。「30日スクワットチャレンジで美尻をゲット!

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search