カナダ

夏休みは海外へ 〜カナダ編〜

大人も子供も待ち遠しい夏休みが近づいてきました!日本の暑い猛暑を逃れ海外へ旅行を考えている方も多いのではないでしょうか?今回は海外在住の筆者が、オススメの海外をご紹介。まだ予定を決めてない方は是非参考にしてみてください。

住みやすさ世界一の街は旅行しやすい街

カナダ

カナダ第3の都市のバンクーバーは、2011年に世界一住みやすい都市として選出され、その後も2017年までは総合3位、去年は少しランクを下げたものの総合6位と常に上位をキープし続ける街。最大の魅力は、大都市としての利便さと海、その上さらに美しい山々に囲まれているところではないでしょうか。2010年に開催された冬季オリンピックのおかげで、市内と市外を結ぶ公共交通機関もグンと使いやすくなり観光もしやすくなりました。カナダの中でも比較的アジア人の多いバンクーバーは、食事も日本人にあったものを見つけやすく、海や川が近いので新鮮な魚介やサーモンも豊富。美味しいカナダの味を堪能できます。

カナダで一番スポーツが盛んな街

カナダ

カナダ最大の都市トロントの隠れオススメポイント、実は「スポーツ」です。伝統を誇るアイスホッケーチームの「トロントメープルリーフス(Toronto Maple Leafs)」は、カナダの代名詞とも言えるメープルリーフをモチーフにしたトロント最大級のスポーツチームです。しかし、近年はトロントを拠点としたバスケットボールチーム「トロントラプターズ (Toronto Raptors)」の人気と実力もそのアイスホッケーを上回るほど。世界的ラッパーのドレイクがアンバサダーとして活躍しているのも人気の秘訣かもしれません。そのほか以前川崎宗則選手が大活躍した野球チームの「トロントブルージェイズ(Toronto Blue Jays)」もカナダ唯一のメジャーリーグのチームとしてファンから絶大な人気を誇っています。そんな地元愛たっぷりのスポーツグッズを、トロントに行ったらお土産として是非手に取ってみてください。

カナダ

カナダの首都と北米のパリ

カナダ

広大なカナダの中で、ひっそりとその存在を主張するカナダの首都「オタワ」。トロントやバンクーバーに比べて小さな都市ですが、れっきとした政府の中核を担う都市です。国会議事堂のあるバーラメント(Parliament)は無料の見学ツアーなどもあり必見。ゴシック様式の建物の後ろを流れるオタワリバーも美しく、インスタ映え間違いなしのオススメスポットです。そして北米のパリと称されることの多いモントリオールは、カナダ第2の都市。公用語はフランス語と英語が半々で、カナダの中でもヨーロッパを感じられ、洗練されたイメージの街です。 夏には北米最大のジャズフェスを始めとした音楽フェス、コメディーフェスや映画祭などもあり、毎週フェスティバルで盛りだくさん。全てのフェスティバルはキッズフレンドリーなので子連れ家族には嬉しいですね。また、春に採れたばかりの、世界一の生産量を誇るケベック産メープルシロップを使った料理やデザートもオススメ。モントリオールに行ったら必ず食べたいですね。

カナダ

おわりに

バンクーバーやトロントはもちろん、昨夏からはモントリオールも日本からの直行便ができ、ぐっと近くなったカナダの各都市。夏は思いのほか気温が上がるカナダですが、日本ほどの湿気はなく過ごしやすいのが特徴。みなさんもこれを機会にカナダ旅行を計画してみてはいかがでしょうか?

★那口絵理監修オススメ記事★

1.ビューティートレーナー那口絵理オススメカフェ紹介
2.子どもの運動神経・身体能力が伸びる!発育に有効的な時期とキッズトレーニング
3.【冬編】お手頃プライスで子供が楽しめる場所10選 in関東【前編】

関連タグ

カナダ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search