Handmade candles_top

デンマーク流癒し「ヒュッゲ」を、ママの手作りキャンドルで愉しもう♪

みなさんは「ヒュッゲ」という言葉をご存知ですか? 世界で一番幸せな国といわれる北欧デンマークで、日常的に行われているくつろぎの状態を指すワードです。欧米では既に「ヒュッゲ」が浸透し、2016年のイギリスの“流行語”にも選ばれました。今回はヨガ・ピラティスのインストラクター&ママのmamayogaが、「ヒュッゲ」とその空間に是非加えて欲しい手作りキャンドルをご紹介します。

世界屈指の物価高と国民負担率だけど、国民の幸福度№1の国デンマークの秘密のひとつは「ヒュッゲ」?

Handmade candles_2

2年前まで私の娘は、大学の交換留学生として1年間、デンマークに居住していました。寒い気候と驚くほど税金が高いため、食事は殆ど自宅で家族と一緒に…という北欧の生活習慣が、「ヒュッゲ」を作り上げたのかも知れませんが、「ヒュッゲ」は異国からやってきた学生達をもやさしく迎え入れてくれたようで、帰国した娘のお土産の殆どがキャンドルでした。決して「ヒュッゲ」にキャンドルが必要! という訳ではありませんが、キャンドルのかすかに揺れる炎と温もりは、癒しと生きている事のはかなさと喜びを教えてくれるようで、私は大好きです。

使い残しのキャンドルを使えば0円!キャンドル作りはとっても簡単♪

Handmade candles_3

100円ショップに行けばキャンドルなんていくらでも売っていますが、今回は使い切れなかった? キャンドルをリメークして、お好みのキャンドルを作る方法をご紹介します。太さのあるキャンドルは、周囲のかなりの部分が燃え残ってしまいます。もったいない話です。賢いママはお子様と一緒に、「ヒュッゲ」で使うキャンドル作りにチャレンジしてみましょう♪

麻ひも・燃え残ったキャンドル・耐熱瓶が有ればOK

Handmade candles_4

麻ひもは芯で使いますので、使用する耐熱瓶の深さより数センチ長ければ大丈夫。まずは芯に蝋を浸み込ませる為、ほんの少し削った蝋を数秒単位で様子を見ながら電子レンジで溶かします。溶けた蝋に麻ひもを浸し、出来上がった芯を耐熱瓶の中央にくるようにたらします(洗濯ばさみや割り箸を使うと上手く出来ますよ)。

Handmade candles_5

あとはお好みのキャンドルを削り、レンジで溶かし耐熱瓶へ注ぎます。注いだ蝋が固まったら、次の蝋を流し込む…この作業を繰り返します。手を汚すこともほとんど無く、想像以上に手軽にオリジナルキャンドルの出来上がりです。

Handmade candles_7

キャンドルの炎に照らされながら、お子さんやご家族との会話を愉しむ…とっても贅沢な時間をママの手でクリエイトしませんか?

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. 妊娠中の保険加入でお得になることも!? 妊娠・出産の保障について考える!
2. 首のしわがついてからでは、もう遅い! 悩む前にしっかり対策していこう
3. 産後ダイエットを成功へ導く美容体質とは? DNA検査で自分を知ろう

関連タグ

Handmade candles_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search