お部屋の片付け、収納問題!「散らからない」部屋にする秘訣とは

散らかるオモチャや雑貨、終わらない家事などで、子どもがいるとどうしても片付かないお部屋。
「なんとかしたい!」と思っても「なんともできない」方が多いのではないでしょうか!?

そもそもの原因は「片付けかた」に問題があるのかも。“生活動線”を考えて、適材適所に分かりやすく片付ける仕組みをつくってみましょう。

家族全員に合った“片付けかた”を

Clean up_1

家でいちばん長く過ごすのがママだから、ママが気持ちよく使えるように無印良品の白いBOXで統一して収納……ってありがちだけどそれはちょっと待って!

ママしか触らないのなら良いですが、いざ「パパに頼みたい!」と思った時にパパは目的のモノを見つけられずに困り、ママは説明が面倒すぎて困り……というハメになりがちです。

また、見た目が同じ収納ボックスを使えば統一感があってキレイですが、子どもグッズを収納する場合は子ども自身が迷ってうまく使いこなせないこともあります。

いつも使うママの感覚で収納するだけではなく、普段は使わないパパのために収納の中身をラベリングする、子どもがパッと見て分かるようにアイテムごとに色分けやキャラクターシールを貼って分ける……などの工夫をしてあげましょう。

「テプラ」を使ってラベリングするもよし、お気に入りのマスキングテープにマジックなどで書くもよし。子ども用なら洋服入れに服のシールを貼る、オモチャ入れにオモチャのシールを貼るなどパッと見て分かりやすく!
それぞれが自分で出して自分で片付けてくれるようになりますよ。

片付ける時間を“作る”!!

Clean up_2

子どもがいてもキレイにしているお家ってたくさんありますよね。でもどんな人でも、使える時間は必ず24時間です。じゃあどうやってキレイを保ってるの!?

実は「散らからない」部屋に住む人は時間管理がとっても上手。「気づいたときに掃除する、散らからないように整理する」そのための時間をわざわざ“作り出して”いるんです。

時間を生み出す方法はズバリ「家電製品・時短アイテムをフル活用する」こと。

ルンバや食洗器・電子レンジなどはもちろんのこと、毎日の食事メニューを考えるのが大変なら「食材配達」を利用してみるのもgood。“料理のメニューを考える・作る”ってものすごく大変なこと。それを毎日やってるんだから、脳も体も疲れて当然です。

時間にゆとりができたぶん、片付けたり休んだり子どもと話をしたり。できなかったことを少しずつやって毎日に充実感を持ちましょう!

大事なのは「仕組み」つくり

Clean up_3

何度片付けても同じように散らかってしまうのは「仕組み」つくりができていないからかも。
例えば毎日食事に使うお皿ですが、いろんな種類のものがたくさんありませんか?すべて使いこなせて毎回きちんと片付けられて、キッチンは常にピカピカよ!という状態なら良いですが、シンクも水切りカゴもごちゃごちゃ、洗わないと食器が使えないよ~という状況なら思い切って食器を減らしましょう。

使うお皿は一人5種類×家族の人数分と決めてしまえば、収納スペースはかなりコンパクトで済みます。使ったら必ず洗わないと次使うことができないし、絶対数が少ないのでゴチャつきません。

「使ったらキレイにして片付ける」をしないと次が使えない仕組み。キッチンはもちろん洋服や文房具、オモチャなど全てに使えます。

たくさんのモノの中から必要なモノを選ぶのは大変ですが、何もないところに必要なモノを足していく作業はとても簡単。まずはストイックに減らして「基礎の仕組み」つくりから始めてみましょう。

家庭はママとパパをはじめ家族全員で作り上げていくものですが、重要なのはやはり「ママの判断力」。家事に育児にと全ての負担がどうしてもかかりがちなママだからこそ「いかに楽して快適に過ごすか」を考え、整えていく必要があります。
キレイなお家でゆったりするために、まずは「散らからない」部屋づくりからはじめてみましょう♪

 

那口絵理監修オススメ記事★

1. イーママ主催ヨガイベント
2.【那口絵理の体験シリーズ -ターゲットー】
3. ゼクシィBabyおでかけParkでイベントを主催しました!

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search