Cleaning rules_top

『もう怒らない!お片付けはルールと仕組みで解決!』

お片付けに時間がかかる、何度言っても指定した場所に戻せない……そんなお子さんに、怒鳴ったりイライラしていませんか?
もしかしたらそれはお子さんだけの問題ではなく、片付ける環境が上手く整っていないせいかもしれません。

『片付け』というととても簡単なように聞こえますが、実は子供にとってはとっても難しくて頭を使う動作の一つなのです。

「お片付けしなさい!」と言われても子供は、どこに何を片付けたらいいのか分からない……それを上手く表現できなくてまた散らかしてしまうこともあります。

今回は、私は実際に体験した“こどもの片付け”についてママもパパもイライラせずに済むルールと仕組みづくりについてご紹介いたします。

なぜ散らかるのか?まずは理由を考えよう!

Cleaning rules_1

例えば、こうした小さなブロックやミニカーなどは一度床に散らかしてしまうとお片付けにとても時間がかかります。

ママやパパは、「なんでこんなに散らかすの?!今すぐに片付けなさい!!」……なんて大きな声で怒鳴ってしまった経験がある方も多いと思います。

でも子供は、まったく悪気はないのです。
ただ楽しくて仕方ない、片付けなんて後!とにかく今、目の前のオモチャで遊びたいのです。

私は、一人目の時にそんな風に考える余裕がなくていつも頭ごなしに怒っていました。

でもちょっと落ち着いて考えてみてください。
どうして散らかってしまうのか?片付けられない理由とは?散らかってしまった後に片付けるやり方を正しく教えてあげていますか……?

もし、答えが「いいえ」なら今から片付けの仕組みとルールを一緒に考えてみましょう。

お片付けできない我が子にイライラしてしまう方へ

Cleaning rules_2

まずは、どうして片付けられないのか?理由を考えてみましょう。

もしかしたら、オモチャが沢山ありすぎて片付けるべき場所が分からない、片付けるべき場所が指定されておらず、子供も片付けたいのに片付けられないだけかもしれません。

今まで頭ごなしに子供を怒ってしまっていたママやパパでも大丈夫です。

気づいた今から一緒に改善していきましょう!私は二児の母ですが、この状況が二年くらい続いたので本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです……。

でも悩んでいても仕方ありません、まずはできることから始めましょう。

例えばですが小さなブロックを広げて遊ぶ時は、事前に大きめな布を敷いてその上で遊ばせてみましょう。

そうすると、遊び終わった後に布を持ってそのままケースに入れるだけであっという間に片付けることができます。

これだけでもママやパパのストレスが減り、子供も片付けができた!という達成感を感じられるのでお片付けがきっと楽しくなります。

片付けるべき『場所』と『遊ぶルール』を作ろう!

Cleaning rules_3

私が実際に試してよかった方法をいくつかご紹介致します。

散らかりやすい『オモチャ』は、種類ごとに分けて引き出しにオモチャの画像を印刷したものを張り付けてみてください。

これだけで子供は何をどこに片付けたらいいのか?すぐに分かります。

お片付けする時も「何分でできるかな?よーいドンっ!」というように声掛けも工夫してみましょう。

子供は片付けもゲーム感覚で楽しくできるようになれば、自然と時間も短くなり楽しくできるようになります。

私は、絵本の片付けも本の背表紙を印刷して貼るなど子供が一目見て、何がどこにあるのか?すぐに分かるように工夫しています。

また片付けが面倒な小さなブロックなどで遊ぶ場合は、数を限定したり今日はこれだけね、といったルールを作ってあげると片付けがしやすくなります。

まずは、一つでもいいのでお子さんの年齢に合わせてルールづくりと、片付けをする場所を決めてみてください。

今まで怒ってしまった自分を責める必要は全くありません、是非気づいた今から一つでも実践してみてくださいね。

これでもう怒らない!優しいママになれますよ。
オモチャの片付けは、ルールと仕組みで解決しちゃいましょう。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. 雛人形…みんな買うの?相場はどのくらい?
2. 〈これから注目される〉エラスチンサプリメントと美容液でエイジングケア
3. 小学生低学年の子供と一緒に楽しめる日帰り温泉施設(関東編)

関連タグ

Cleaning rules_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search