ママなら知っておきたい!七五三についての基礎知識

男の子と女の子、二人の育児真っ最中のママライター、にこママです。

七五三、子供のお祝い事ということは何となくはわかるけど、意味や時期、男女の違いやどんなことを行うのかなど、詳しく知らないママも多いのではないでしょうか?
今回は、ママは知っておきたい、七五三の基礎知識や最近の傾向を見ていきましょう!

七五三とは

Event_1

七五三は、7歳・5歳・3歳の節目に子供の成長を祝う、日本の伝統行事です。
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の数え年に行いますが、最近では満年齢で行う方も増えてきています。
また、地域によっては、男の子は5歳だけお祝いするなど違いがあります。

時期はいつ?

Event_2

本来の七五三は11月15日に行われる行事です。
しかし絶対にこの日に行わなければいけない訳ではなく、最近では大体10月~11月中にそれぞれの家庭の予定や天候などに合わせて、都合の良い日に行うことが多いですよ。

何をするの?

Event_3

神社でお祓いを受けて、祝詞をあげてもらうのが一般的です。
有名神社でなくても、近くの神社でOK。
お祓いは、予約の必要はなく、神社に直接伺えばよいところが多いです。
また、お払い際にかかる料金は「初穂料」と言いますが、こちらの相場は大体5000円~10000円となっています。

祝儀袋に入れて渡す場合と受付等で直接支払う場合があります。
神社によっては「初穂料5000円から」などと明記している神社もあります。
予約の有無や初穂料については、事前に神社に問い合わせておくと安心ですね。

親の服装は?

子供が和装の場合、母親も子供に合わせて着物を着る方もいます。
父親はスーツ、母親はスーツ又はワンピースなど、普段着よりは少しフォーマルでおめかしした格好をする方が多いですよ。
お祝いの行事ですので、リクルートスーツなど暗めの服装の場合は、コサージュを付けたり、インナーを明るい色にすることで華やかな装いになります。
入学式や入園式の服装をイメージしてみてくださいね。
あくまで主役は子供。
子供より目立ち過ぎず、子供の服装とバランスがとれたものを選びましょう。

最近の七五三事情

3歳・5歳・7歳はまだ幼く、長時間じっとしていたり慣れない着物を着たりするのは大変です。
最近では写真スタジオで前撮りや後撮りをし、お参りは違う日に行う家庭が多いですよ。
込む時期を避けて撮影ができるので、お得な価格で前撮りや後撮りを行っている写真スタジオも多いですし、写真を撮った際に着た着物などを、お参りする日にもう一度着つけてレンタルできるなどのサービスが付いていることもありますよ。

また、着付けやヘアメイクに時間がかかり、身体を締め付ける着物を長時間着用するのは大変だからと、着物は写真撮影時だけにし、神社へお参りする際には男の子はスーツ、女の子はワンピースなどの洋装にしているご家庭もよく見かけます。

子供の服装は必ず着物、などという決まりはありませんので、それぞれの事情に合わせて決めるといいですね。

神社によっては、「着物のレンタルや着付け・お参り・食事」がセットになっているものを提供しているところもあります。

お参りしない家庭もある

中には写真撮影をして家族で食事をするだけで、神社へのお参りはしない家庭もあります。
本来の意味から考えると逸れているかもしれませんが、子供の成長を祝う気持ちは一緒で、間違いではありません。

それぞれの家庭の考え方でお祝いをしてあげ、子供にとっても親にとっても素敵な七五三の思い出ができるといいですね。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. 雛人形…みんな買うの?相場はどのくらい?
2. 〈これから注目される〉エラスチンサプリメントと美容液でエイジングケア
3. 【まとめ】人気のスーパーフードをまとめてご紹介!

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search