Valentan_top

今年のバレンタインデーは親子で楽しく

2月といえばバレンタインデーです。海外では、女性を問わず、大切な人に愛を伝える日として広く知られています。今年は子どもと一緒に、手作りのチョコのお菓子などで楽しんでみましょう。

バレンタインデーの始まり

バレンタインデーの始まりには諸説ありますが、有力なのはなんとローマ帝国時代までさかのぼります。当時戦いの士気が下がるとして、ローマ帝国の皇帝が兵士たちの婚姻を禁止していたのだそうです。それを、かわいそうに思ったキリスト司祭のヴァレンティヌは、内緒で結婚式を行っていましたが、皇帝に見つかってしまいます。怒った皇帝はヴァレンティヌに行為をやめるように命じますが、それを拒否し、ヴァレンティヌは処刑されてしまいます。そしてその処刑された日が2月14日だったとされています。その後300年経った頃に、キリスト教が恋の守護聖人として、殉職したヴァレンティヌを取り上げました。そして2月14日を、恋人たちがギフトやカードを贈り合う日として制定したということです。

Valentan_1

火を使わないアレンジチョコ

今年は子どもと手作りデザートに挑戦!

フルーツのチョココーティングだったら、カラフルでヘルシーなチョコをつくれます。食べやすい形にカットしたフルーツを湯せんで溶かしたチョコにからめるだけ。クッキングシートでチョコが固まるまで待てば出来上がりです。

Valentan_2

または変わりダネのチョコディップもオススメ。ホイップしたクリームに大さじ2の粉砂糖を混ぜておきます。別のボールに、クリームチーズ、粉砂糖大さじ2、ココアパウダーを入れ柔らかくなるまで混ぜ合わせます。最後に両方と残った粉砂糖をさっくり混ぜればできあがり。こちらもフルーツによく合います。

Valentan_3

材料: クリームチーズ1パックに対して、1カップのホイップクリーム、粉砂糖1カップと1/3カップのココアパウダー(甘くないもの)

最後にご紹介するのは、簡単ガトーショコラ。材料は卵とチョコだけです。混ぜ合わせたチョコを炊飯器で炊けるので、火を使わず安全。ハート型を粉砂糖でデコレーションすれば、バレンタインデーにぴったりですね。

Valentan_4

材料: チョコ200グラムと卵4個。湯せんで溶かしたチョコに卵を混ぜて炊飯器で炊きます。 

今シーズンオススメのチョコ

毎年すごい熱気のバレンタインデーのチョコ商戦ですが、今年オススメなのは「レオニダス(Leonidas)」です。2000年初頭に日本に上陸しており、隠れた名店として評判の高いお店で、チョコの本場ベルギーで最も愛されるチョコの一つです。都内にも表参道、代官山を始め、全12店舗あります。是非お店に足を運んでみて、宝石のような美しいチョコをショーケースの中から選んでみてください。

Valentan_4

年に1度のバレンタインデー。大切な人に日頃の感謝を伝える日として、カードも用意するといいかもしれませんね。ピンクや赤などで部屋を飾り付けると、華やかでバレンタインムードも盛り上がります。今年のバレンタインデーは、オシャレに楽しく過ごしてみてはいかがですか?

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. ビューティートレーナー那口絵理オススメカフェ紹介
2. ビューティートレーナー那口絵理、日頃のトレーニング その3
3. ビューティートレーナー那口絵理、日頃のトレーニング その2

関連タグ

Valentan_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search