今冬オススメの英語絵本

すっかり寒くなってきて、家で過ごす時間も増えてきました。せっかくのこの時間を利用して、親子で英語絵本の読み聞かせをしてみてはいかがですか?今回は、冬に親子で読みたい英語の絵本のご紹介です。

有名なものがたりを寒い国バージョンで読む

日本でも有名な「三びきのくま」。元はイギリスの民話ですが、ロシアの文豪のトルストイが再話している本としても有名です。

books_1

今回はそのものがたりを、とっても寒い北極付近に場所を移して登場です。反復することの多い文章は、英語の練習に最適で、親子で読みあうのもオススメです。細かいところまでこだわった繊細な絵もすばらしく、北極付近で生活する人々や動物たちの生活も垣間見れるかもしれません。

books_2

楽しいお話でアメリカのクリスマス気分を楽しもう

books_3

次にオススメなのが、「Olivia(オリビア)」 シリーズの「Olivia Helps with Christmas(イアン・ファルコナー著)」です。絵本なのに、四コマ漫画のように所々にオチがあるOlivia シリーズは、文章も短めで、親子で読む絵本としてとてもオススメです。可愛い絵もとっても魅力的で、子どもと楽しく読めること間違いなしです。

日本の伝統シリーズを英語で読もう

日本でロングセラーのだるまちゃんシリーズ。その中でも冬に読みたいのが「Little Daruma and the Little Rabbit (日本語表題「だるまちゃんとうさぎちゃん」)」です。雪で遊んでいただるまちゃんがうさぎちゃんとであうおはなしで、一緒に雪だるまを作ったり雪うさぎを作ったり、やさしい絵が心を和ませてくれます。日本の言い回しを英語で学べるので、すぐに使ってみたくなりますね。

books_4

家でゆっくりしたいこの季節。是非英語の絵本の読み聞かせで、親子で楽しく過ごしてください。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. ゼクシィBabyおでかけParkでイベントを主催しました!
2. 子供の習い事
3. ビューティートレーナー那口絵理、日頃のトレーニング その2

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search