cavity_top

初めて虫歯になっちゃった!これからの予防と対策とは?

息子が5歳になったばかりの頃のことです。

久しぶりに歯医者に行って検査を受けた結果、いつもより結果が出るのが遅いなと思っていたら嫌な予感が当たりました。

そうです、担当の医師から「これは虫歯ですね」と言われてしまったのです。

あれだけ厳しく歯を磨かせていた私でも、5歳の息子を虫歯にしてしまうなんて、と驚きとショックを隠せませんでした。

今回は、虫歯になってしまう前にしておきたい予防と、なってしまった時の対処法について考えてみたいと思います。

わが子の虫歯が気になる方、これからの予防対策としても是非参考にしてみてください。

初めての虫歯!

cavity_1

初めて虫歯ができたのは、上の子が5歳になったばかりのことでした。

行きつけの歯医者さんで、クリーニングをしてもらおうと診察してもらった時のことです。

なんだか黒いものが見えるなと思ってはいたのですが、嫌な予感は当たりました。

「これは虫歯ですね、しかも上の歯と下の歯の二か所あります。」

と言われてしまいました。

息子もちょっと前から、歯が痛いとは言っていたのですが、まさかこの年で虫歯になるなんて思わなかった私はとてもショックでした。

よくよく見てみると、歯と歯の間の隙間がほとんどなく奥歯の溝や隙間に汚れがたまっているようでした。

糸ようじやフロスを使ってはいたものの、毎日ではなく気が向いた時にしか使っていなかったのがよくなかったようです。

cavity_2

子供の虫歯は、できやすい時期というのがあります。

年齢に合わせてみておきたいポイントがあるので、参考にしてください。

<0~2歳まで>
この時期のお子さんは、まだ全ての乳歯が生えそろっていないので隙間が多く歯ブラシも届きやすいです。

また唾液によって汚れが落ちるので、虫歯になるリスクは低いです。

ただし、上の前歯と歯の間はしっかり歯ブラシをしないと歯茎と歯の間に汚れがたまり虫歯になることがあるので注意しましょう。

<3歳~>
3歳を過ぎると、ほとんどのお子さんの乳歯が生えそろってきます。

この時期は、上の歯も下の歯も奥歯がしっかり生えるので、奥歯の溝や歯と歯の隙間に虫歯ができやすくなります。

糸ようじやフロスでしっかりと汚れを落としてあげる必要があります。

まだ小さいお子さんは、自分で歯を磨こうとしても汚れをキレイに落としきるのは難しいです。

お母さんやお父さんが最後にしっかり仕上げ磨きをしてあげて下さい。

<6歳~>
6歳になると、6歳臼歯という乳歯の奥に永久歯が生えてきます。

この6歳臼歯は、溝が深く普通の歯ブラシで磨いただけでは汚れが落ちにくいのが特徴です。

歯と歯茎の間にも汚れが溜りやすくなるので、歯ブラシを大きく動かしただけでは綺麗になりにくいです。

フロスを使って隙間も綺麗にするように注意して磨きましょう。

虫歯になってしまった時はどうすればいいの?

cavity_3

一生懸命、歯を磨いていても出来てしまった虫歯は放っておくとどんどん悪化してしまいます。

虫歯かな?と思ったら、すぐにお近くの歯科を受診しましょう。

年齢によって、削るか薬をぬってしばらく様子をみるといった方法があるので、まずは歯科医に相談してみることが大切です。

ちなみに5歳の息子は、最初は機械を見ただけで怖がってじっとしていられませんでした。

それを見た歯科医の先生から、「少し様子をみてまた一週間後に来てください」と言われ一週間後に施術してもらいました。

もう少し月齢が低いお子さんだったら、削るのが難しいので薬を塗って痛みを抑えるという方法もありますがどうされますか?と聞かれ、息子と相談して頑張って削る方向で話を進めてもらいました。

虫歯かな?と思ったら、痛みが酷くなる前に歯科で見てもらうことをお勧めします。

そこで虫歯になってしまった時の対処法や、これからの食生活や歯ブラシの仕方などを聞いてみると安心ですね。

まずは、お近くの歯科で診てもらうようにしてください。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. ママ向け花粉症対策
2. 【銀座エリア】食パンのおいしいお店
3. ママに役立つ便利なサイト ~ファストドクター~

関連タグ

cavity_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search