断乳と卒乳の違いは? スムーズに授乳生活を終わらせよう

こんにちは!男の子と女の子の育児に奮闘中の、にこママです。
私自身もそうでしたが、母乳育児をしているママは、母乳育児を終わらせるタイミングに悩みますよね。

断乳にするか、卒乳にするか。
母乳育児を終わりにするタイミングや方法は?など。

実体験を踏まえながら、談乳をスムーズに進めるコツを紹介していきますね。

断乳と卒乳の違いについて

断乳とは

何らかの理由で授乳を止めることを言います。

その理由の例として

・ママが薬を飲まなくてはいけなくなった
・保育園に預けることになった
・離乳食をあまり食べてくれない
・おっぱいに執着し過ぎて、授乳回数が減らない

などがあります。
danchichi201605-にこママ-1

卒乳とは

赤ちゃんが自然におっぱいから卒業することを言います。
以前は、一歳前後を目安に授乳は止めましょうと指導する産院も多くありましたが、最近では、赤ちゃんが欲しがる間は授乳を続けても大丈夫、という方針になっている産院も多いです。それは、授乳は赤ちゃんが栄養を摂る、というのが一番の目的ですが、おっぱいは赤ちゃんにとって安心できるものだからです。

離乳食を食べるようになってくると自然と授乳量は減っていきますが、赤ちゃんは不安になった時や眠くなった時など、おっぱいを口に含むことで安心し、精神安定の効果があります。このようなことからも、最近では赤ちゃんが自然におっぱいから離れるまで授乳を続けよう、と思うママも多いですよ。

断乳の合図

断乳を始める目安として一般的に言われていることは

・ママと赤ちゃん、二人とも体調が良いこと
・赤ちゃんが一人歩きできること
・離乳食が始まっていること

などが挙げられます。
引っ越しをして環境が変わったばかりなど、赤ちゃんが不安定な時期に断乳を始めることは避けましょう。

どうやって断乳するの?

具体的な断乳方法としては次のようなものがあります。

授乳回数を少しずつ減らす

これまで離乳食後に毎回授乳をしていたら、朝・夜だけにする、寝る時だけにするなど、少しずつ授乳回数を減らしていきます。急に止めるわけではないので、赤ちゃんも段々と慣れてきます。

言い聞かせる

赤ちゃんの言葉を理解しているのであれば、「もうおっぱいとバイバイしようね。」と言い聞かせる方法も効果がありますよ。最後の授乳時には「これが最後のおっぱいだよ。好きなだけ飲んでね。」と話しかけながら授乳し、赤ちゃんが自分から口を離すまであげましょう。そして、終わりと決めたらきっぱりと授乳を止めます。

おっぱいに絆創膏を貼ったり絵を描く

離乳食が順調に進んでいて、安心材料としておっぱいを口に含んでいるような状態であれば、おっぱいに絆創膏を貼ったりちょっと怖い鬼の絵を描いたりして、「もうおっぱいはないよ。」とする方法も効果があります。

私も下の子はとてもおっぱいに執着しており、嫌なことがあったり眠くなったりと、何かあったらすぐおっぱい、という状況でした。しかし、あまりに授乳回数が多く私も体力的に辛くなり、また離乳食も進まなかったので、徐々に断乳をすることにしました。年齢ももう3歳近くだったので、栄養はごはんからしっかりと摂れるようになっています。一ヶ月くらいかけて少しずつ授乳回数を減らして行きながら、「もうすぐおっぱいとバイバイしようね。」と繰り返し言い聞かせていましたよ。そして、最後と決めた授乳を終えた後は、どんなにおっぱいを求められてもきっぱりと授乳を止めました。その代わりにたくさん遊んだり抱っこをしたりと、スキンシップは多めに取るようにしました。断乳をしたことで、夜起きる回数も減り、離乳食もたくさん食べてくれるようになりましたよ。

スムーズに断乳を行うコツについて

スムーズに断乳を行うにはいくつかコツがあります。

しっかりと計画を立てる

寝かしつけに授乳をしている場合などは、断乳を始めると赤ちゃんがなかなか寝てくれなかったり、夜中に何回も起きて泣いてしまう、ということがよくあります。それをママ一人で対応するには、体力的にも精神的にも大変です。パパがお休みの週末やGW、お盆など、協力してもらえる日をスタートの日としましょう。

早めに布団に入り部屋を暗めにする

遊んでいる時など興奮状態で布団に入っても、すぐには眠れません。寝る前は部屋を少し暗くして、リラックスして眠れる環境を作るようにしましょう。

水分補給の水やお茶に慣れさせる

離乳食時や寝る前に、おっぱいではなく水やお茶を飲む習慣をつけます。いつもおっぱいで対応していた時間を、水やお茶に移行させるようにしましょう。

おっぱい以外で安心できる方法を作る

赤ちゃんがおっぱいを求めて泣いたり寝付けない時は、ギュッと抱きしめてあげたりトントンして落ち着かせるようにしましょう。すぐには変わりませんが、段々と寝るきっかけが授乳からトントンされることや手をつなぐことへと変わってきますよ。

断乳・卒乳は、ママと赤ちゃんの状況などにより変わってきますし、どちらが良い、というものでもありません。おっぱいは赤ちゃんにとって単なる食事ではなく、精神安定にもとても大きく関わってきますので、断乳を行う場合は、その意味を今一度考えましょう。

理由があり断乳をする時は、赤ちゃんがかわいそうと自分を責める必要はありませんよ。もしママにまだ余裕があり、授乳を止めても止めなくてもいいかな、という時は、無理に止める必要はなく、卒乳という方法を考えてもいいと思います。断乳・卒乳、どちらの場合も大切なのは、授乳以外でもたくさん愛情を伝えてあげる、ということです。

様々な授乳育児の終わり方を知識として得ておくことは、今授乳しているママやこれから出産するプレママにとっても、とても良い事ですよね。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

こちらの記事もよろしければご覧ください。断乳や卒乳も記録しておくと、いい想い出になるかもしれませんよ。
育児日記のススメ!可愛い我が子の成長を日記に残そう。
danchichi201605-にこママ-2

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search