heatstroke_top

熱中症に注意!子供のためにママができるお役立ちグッズを活用した暑さ対策方法

暑くなる夏は、どうしても家にこもりがちですよね。

もちろん高温注意報などが出ている場合は家にいてエアコンをつけていた方が良いのですが、子供たちは「外で遊びたい!」と言うことも多いですよね。

少しくらいのお散歩や、無理のない程度であれば外に出てもいいと思いますが、そこで重要なのは暑さ対策をしてから外に出ること。

短時間でも子供にとってはかなり暑さが体の負担になってしまうので、しっかりと対策をしなければなりません。

熱中症にならないためにも夏にお子さんと出かけるときに知っておきたい「暑さ対策方法」をご紹介します!

とにかく水分をしっかりと!水筒はマストアイテム!

heatstroke_1

大人はもちろん、子供だと特に代謝が高いので、水分が体から出ていきやすくなっています。脱水になりやすいので水分は特にこまめに摂取させるようにしましょう。また、水分を多く含む食事も熱中症対策として有効です。

さっと飲めるように、小さめでOKなので水筒を持たせるようにしましょう。まだ自分では水筒を持ち歩けないお子さんの場合はママ・パパがすぐに取り出せるように常備してあげてくださいね。

水筒に入れる飲み物は経口補水液や塩分・糖分を含む飲料がオススメ。

麦茶も汗で失われたミネラルを補い、体の熱を下げる役割があるのでオススメです。

使う水筒は魔法瓶を使ったものなど、温度が下がりにくいものを使うと、いつでも暑いときに冷たい飲み物が飲めるので快適です!

冷感グッズで快適に過ごそう!

heatstroke_2

https://item.rakuten.co.jp/emoorbaby/nl-oc-ket/

近年よく販売されているの「接触冷感」のアイテム。

触れている部分は熱が分散されて冷たく感じるという素材を使ったもので、ブランケットやタオルケット、シーツやまくらなど様々なものに使われています。

特にオススメなのは寝具。

子供の場合は寝苦しいと夜泣きをしてしまったり、朝起きて汗びっしょり……ということも少なくありません。

接触冷感のアイテムを活用して暑い夏も快適に過ごしましょう!

赤ちゃんのベビーカーやだっこひもには保冷シートを使おう!

heatstroke_3

https://item.rakuten.co.jp/baby-alice/esmsheet02/

乳幼児だと、特に代謝が高いので汗をかきやすくなります。

ですが、まだ「暑い」「体調が悪い」といった自分の状態を伝えることができないので「気が付けばすごく汗をかいていた!」「なんだか暑いせいか元気がない……」といったことになる可能性もあります。

そこでおすすめなのが抱っこひもやベビーカー、チャイルドシートなどで使える保冷シートです。

抱っこひもなどで使うと、ママもひんやりと快適になるので一石二鳥です!

お出かけの時は首をしっかり冷やしましょう!

heatstroke_4

http://amzn.asia/jcTpfXF

外はとても暑いのでお出かけの時は特に熱中症に注意!

「冷却タオル」と呼ばれるアイテムを使ったスカーフは濡らして絞るとひんやりとして首もとを冷ましてくれます。

水にぬらして絞るだけ、首に巻くだけ、といった手軽さがおすすめのポイント。

赤ちゃんだと巻くと嫌がることもあると思いますが、2歳ぐらいからなら嫌がらずにつけてくれることが多いので使ってみましょう!

キッズサイズから大人用サイズまであるので家族の分をそろえておくのもオススメです!

まとめ

年々暑くなっているともいわれている日本。

異常気象なども起こりやすくなっているので暑さや熱中症には十分に気を付ける必要があります。

特に子供は大人に比べると斜面からの照り返しが当たりやすいことや、代謝が高いといった理由から非常に暑さに弱いので要注意。

今回ご紹介した暑さ対策グッズなどをうまく活用して、ママ・パパが十分に気を付けてあげてくださいね。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1.ビューティートレーナー那口絵理の日頃のトレーニング その1
2.【まとめ】人気のスーパーフードをまとめてご紹介!
3.【まとめ】産後美容トレーナーのトレーニング動画まとめ

関連タグ

heatstroke_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search