移動ポケット使用例

入園、入学準備に 簡単かわいい!ハンドメイド移動ポケット

ニュージーランドの大自然の中で、二人の子育て真っ最中のママライターYangです。

入園、入学を控えた子供を持つママにとっては、準備に大忙しの時期ですね。
準備リストには入っていなくても、持っていると便利な物の中に、移動ポケットがあります。
実はとっても簡単に手作りできちゃう移動ポケット。この機会にぜひ作ってみてくださいね。

移動ポケットとは?

移動ポケットとは、ハンカチやティッシュを入れる小さなポーチのことで、付属のクリップで、洋服のウエスト部分につけられるようになっています。
ポケットのない服を着た時や、ポケットが小さくて、うまく出し入れできない子供にとって、外付けできる移動ポケットはとても便利。最近の幼稚園や小学生の間では、定番のアイテムです。
ママにとっては、ティッシュをポケットに入れたまま、知らずに洗濯してしまった、という失敗も防げて助かりますね。

簡単!縫わずに出来る 移動ポケットの作り方

ここでは、針と糸を使わずに出来る作り方を紹介します。
使用するのは布用の接着剤。裁縫が苦手なママでも、上手に仕上がりますよ。

材料

短い生地 29.5cm×18cm
長い生地 40.5cm×18cm
リボン  幅2cm×18cm
バンドクリップ 2個
布用接着剤
その他、はさみ、定規、アイロンなど

作り方

(布用接着剤は、ご使用の製品の使用方法に従って下さい)

移動ポケット作り方1

1.生地の全ての辺を1.5cmずつ裏に折り返し、接着剤を付けて、のりしろを作ります。

2.A~Eの点線すべてに、アイロンで折り目を付けます。

移動ポケット作り方2

3.短い生地を表面にし、点線Bの1cm左にリボンを置き、両端を裏に折り返します、裏に折り返した部分を接着します。

4.二つの生地の底辺をあわせて、裏面が向かい合うように、のりしろを接着します。

5.長い生地の点線Eを手前に折り返し、両端ののりしろを接着します。ティッシュの取り出し口ができます。

6.点線Bを反対側に折り返し、両端ののりしろを接着します。ハンカチを入れるポケット部とフタができました。

移動ポケットにクリップをつける

7.リボンにバンドクリップを付けて完成です。

生地も買う必要なし!小さくなった服でリメイク

移動ポケット完成

少ない生地で作れる移動ポケットは、わざわざ生地を買わなくても、家にあるハンカチや、はぎれなどを使っても十分。
お気に入りだったけど、小さくなって着られなくなった服などは、移動ポケットを作るのにおすすめです。リメイクして形を変えることで、長く使っていけることを教えてあげましょう。物を大切にする心を育てることもできますね。

針も糸も使わずに出来る移動ポケット。子供と一緒に工作気分で作ってみるのもいいですね。女の子ならレースやリボン、男の子ならデニム生地などを使って、世界に一つしかない、オリジナルの一品にしましょう。

関連タグ

移動ポケット使用例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search