英語絵本の読み聞かせ

子供の英語脳がグングン育つ!海外在住ママお勧めの読み聞かせ英語絵本

監修:那口絵理

ニュージーランドの大自然の中で、トリリンガルを育てているママライターYangです。

子供に言葉を覚えさせるために一番大切なことは、その言葉が常に身近にあることです。短い時間でもいいので、毎日英語に触れることで子供の英語脳はグンと育ちます。家庭でできる英語教育にぴったりなのが、絵本の読み聞かせです。

言語は関係なし!子供の成長にいい影響を与える読み聞かせ

読み聞かせに沢山の良い効果があるのは知られていますが、具体的にどんなことがあるのか、いくつか挙げてみましょう。

・親子の愛情や絆が深まる
・コミュニケーション力がつく
・脳の発達を助ける
・心を豊かにする
・集中力を高める
・想像力を豊かにする
・言語能力の発達を助け語彙を増やす

これらは、母国語の読み聞かせに限ったことではありません。特に、言語能力の発達を助け語彙を増やすという意味では、英語だって同じ事。

特別な学習をしなくても、愛情ある読み聞かせをすることで、家庭でも英語を教えることができます。

また、絵本を通じて外国の文化や習慣を学んだり、日本と海外の違う所、似ている所を知ることができます。世界を身近に感じることができ、ボーダレスな人格を作る事につながります。

英語が苦手でも大丈夫! 読み聞かせにぴったりのエリック・カールの絵本

読み聞かせがよいのは分かっているけど、自分の英語力もないのに…というママやパパでも、知っている範囲の英語で簡単に読める、日本でも有名なエリック・カールの絵本をご紹介します。

1、『From Head to Toe』

英語絵本の読み聞かせ

動物園で見られる、体や動きに特徴のある動物が出てきます。

ゴリラが(gorilla)胸を(chest)叩く(thump)
ペンギンが(penguin)頭を(head)回す(turn)
キリンが(giraffe)首を(neak)曲げる(bend)

など、動物の名前、体の部位、動きの英語がわかります。動きをまねて、体を使って覚えましょう。

2、『DOES A KANGAROO HAVE A MOTHER, TOO?』

英語絵本の読み聞かせ

お母さんと赤ちゃんの絵がかわいらしい一冊。動物達にも人間と同じようにお母さんがいて、愛情があることを英語で教えましょう。同じ文章を繰り返しているだけなので、英語が苦手でも大丈夫!

3、『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』

英語絵本の読み聞かせ

ビル・マーティン作、エリック・カール絵の一冊。犬、猫、鳥、金魚など、身近な動物と色の名前を覚えることができます。

上手に覚えたら、動物を見かけた時にBrown dog(茶色い犬)やWhite cat(白い猫)、Green bird(緑色の鳥)など、「○○色の○○」を応用してみましょう!

4、『Have you seen my cat?』

英語絵本の読み聞かせ

いなくなった飼い猫を探して、男の子が世界中を旅する絵本です。男の子が出会うネコ科の動物や人々がどこの国にいるのか想像して、一緒に旅をしましょう。

5、『THE VERY HUNGRY CATERPILLAR』

英語絵本の読み聞かせ

日本でも大人気の「はらぺこあおむし」の英語版です。文章は少し難しいですが、日本語版の内容と意味や言い回しを照らし合わせながら読むのも楽しく感じます。

今回は英語が苦手でも簡単に読める本をご紹介しました。まずは発音などは気にせずに、英語に触れることを目的として、読み聞かせをしてあげましょう。子供自身が楽しいと感じ、英語に興味を持つことが、英語脳育成への第一歩なのです!

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

英語絵本の読み聞かせ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search