意外と難しい!乳幼児の遊び場探し。安心のおすすめスポット紹介

監修:那口絵理

乳幼児の遊び場所は簡単にみつかりそうで、意外と少ないものです。地域の公園は整っていなかったり、大きなお兄さんお姉さんと限られたスペースで、一緒に遊ぶのは危険が多いですね。また、テーマパークに行っても3歳未満だと乗り物の乗車年齢に達していないこともあります。そのため小さな時の遊び場探しは大変です。

そこで今回は乳幼児の遊べるスポット探しのポイントや遊びに行く時の注意点、実際に利用してみて良かったお勧めスポットをご紹介したいと思います。

乳幼児の遊び場所、その選び方は?
雨天時の遊び場も大切
遊び場で起こりやすい事故やケガから守ろう
乳幼児のお勧め遊び場スポット

1442307785899

乳幼児の遊び場所、その選び方は?

ママも安心できて子どもも楽しめる遊び場所選びのポイントをご紹介します。

<遊び場選び3つのポイント>

乳幼児が楽しめる遊具がある
乳幼児が安全に遊べる場所を探しましょう。近所の公園にある遊具にも年齢制限が記載されているものがあります。砂場遊びは1歳の子も夢中になれる遊び場です。とはいえ、口に砂を入れないようにママは目を離さないようにしましょう。

ママの目の届く範囲
乳幼児を遊ばせるときは、必ず大人の目の届く範囲で遊ばせましょう。
転んでしまうかもしれませんし、危ないものを触ったり、誤って口に入れてしまう場合もあります。必ず安全を確認できる範囲の遊び場にしましょう。

遊び場が囲われている場所
乳幼児は色々なものに興味を持つので、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。ママがちょっと目を離したすきにどこかに行ってしまうことだってあります。子どもから目を離さないことも大切ですが、屋外で遊ぶときは、子どもの遊ぶスペースが囲ってあると安全です。

1442307005054

雨天時の遊び場も大切

遊びにいく日がいつも晴れているとは限りません。ですから雨天時にも遊べる屋内の遊び場もいくつか知っておきましょう。屋内だと有料の場合が多いのですが、子どもが常に目の届く範囲にいるので安心です。

1442306995485

遊び場で起こりやすい事故やケガから守ろう

一見安全そうに思える子どもの遊び場ですが、思いもよらないことでケガをする場合があるので注意しましょう。

基本は長袖・長ズボン
遊びにいくときは、基本的には長袖・長ズボンを心がけましょう。転倒の恐れもありますし、小さな隙間にもぐりこんで擦りむいてしまう場合もあります。

砂場で遊ぶときは注意
子どもがお座りできるようになってからは砂場がいい遊び場所になるでしょう。けれど砂の中に釘や動物の糞などがある場合もあります。遊ばせる前に大人が何もないかチェックしましょう。また、子どもは砂を食べてしまう場合があります。砂場で遊ばせるときは特に目を離さないように注意しましょう。

遊具の金属部分でのやけど
夏の日差しが厳しい時期、長時間日光にさらされる車やバイクの車体は非常に熱くなり、触れると火傷してしまいます。子どもはなんでも触るので近づけないようにしましょう。

熱中症と熱射病
地面からの距離が近い子どもの体感温度は非常に高くなっています。お外で遊ぶときは水分補給をこまめに行い熱中症や熱射病に気をつけましょう。

夏場のお外での服装
夏の服装は軽装になりがちですが、靴は涼しいサンダルタイプのものよりも転んだりしないように歩きやすさを重視しましょう。帽子をかぶれば、強い日差しから頭を守ることができます。遊ばせるときは汗をかきやすいので着替えをもって出かけましょう。
1442307000256

乳幼児のお勧め遊び場スポット

○アソボーノ~東京ドームシティ ラクーア内~
東京都文京区後楽1―3―61
https://www.tokyo-dome.co.jp/asobono/
屋内の遊び場です。家族も一緒に楽しむことができます。

 

○はぎなか公園
東京都大田区萩中3-26-46
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/park/haginaka.html
三輪車にも乗れて、小さい子どもも乗れるブランコもあります。「萩中公園プール」も併設しています。

 

○にこにこパーク(明治神宮外苑)
東京都港区北青山1-7-5
http://www.meijijingugaien.jp/walk/park/
屋外でママ友といくなら一番おすすめ!プレイスペースが囲われているから安心。売店もあります。

 

アネビートリムパーク
東京都江東区青海1-3-15 ヴィーナスフォート 1F
http://anebytrimpark.com/
お誕生日パーティーも開くことができる屋内プレイルームです。季節のイベントも行っています。

 

○わんぱくランド
神奈川県小田原市久野4377-1
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/park/wanpaku/
自由にのびのび遊べて、入園料が無料。駐車場料金も比較的お安いので助かります。

 

○東京ドイツ村
千葉県袖ケ浦市永吉419
http://t-doitsumura.co.jp/
季節によって様々なイベントを行っています。広大な広場も魅力です。

 

○船橋市アンデルセン公園
千葉県船橋市金堀町
http://www.city.funabashi.chiba.jp/kids/facilities/p001371.html
5つのゾーンからなる、緑豊かな公園です。

 

○富士山のぐりんぱ
静岡県裾野市須山字藤原2427
http://www.grinpa.com/
富士山二合目にある遊園地で、観覧車や屋内で遊べる施設が整っています。

 

○ボーネルンド
大阪府天王寺区茶臼山町5番55号
http://www.bornelund.co.jp/
屋内でも屋外でも全身を使って親子で楽しめる公園です。

 

○ファンタジーキッズリゾート
全国にあります。
http://www.fantasyresort.jp/
全国にある屋内の遊び場。国内最大級の室内遊園地です。

 

<キッズカフェ>
○スキップキッズ~HUG ENTRANCE~
関東に数店舗あります。
http://skip-kids.co.jp/
一時預かりサービスもあります

 

フジテレビキッズカフェ ママトコ
東京都港区台場1-7-1
http://www.fujitv.co.jp/gotofujitv/mamatoko/index.html
フジテレビが運営するエンターテイメントレストランです。テレビでお馴染みのキャラクターがおでむかえしてくれます。
東京ドームシティ

乳幼児が安全に遊べる場所は少ないので、ご紹介したような施設を利用して遊びの幅を広げましょう。

遊び場へのお出かけでは色々な刺激を受けることができるので、子どもの感性を磨くためにもいいですし、ママの気分転換にもなります。ママ友とのお出かけにもお勧めです。

 

もし屋外の遊び場にいくときは、UV対策はお忘れなく。紫外線はお肌の大敵です。SPFとUV効果の持続時間をチェックしてからお出かけしましょう。

紫外線対策が大切


SPFのUV効果の計算式!?そんなのあったのね。

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search