ランドセルを背負った女の子

新一年生ママ必見!2017 – 2018年度人気ランドセルブランドはコレ!

男の子と女の子の2人育児真っ最中、ママライターのにこママです。

この季節は新生活がスタートし、フレッシュな気分になりますよね。
ピカピカの大きなランドセルを背負った新一年生を目にすると、思わず笑みがこぼれます。

ひと昔前のランドセル事情といえば、男の子は黒、女の子は赤のランドセルが定番でしたが、最近ではカラーもデザインも様々。
選ぶ楽しみがありますし、その需要に合わせ年々その種類も増えてきています。
オーダーメイドする家庭も増えてきていますよ。

それゆえに
「ランドセルっていつ買うの?」
「どのブランドが人気なの?」
と、迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。

我が家も来年下の子が一年生になります!2017年~2018年度の最新人気ブランドについて一緒に見ていきましょう!

 

ランドセルの新製品、いつ頃発表される?

次年度のランドセルの新製品は4、5月頃、約1年も前に発表されるんです!
パンフレットは6月頃配付が始まり、百貨店にも6月後半くらいから新製品のランドセルが並び始めます。早いですよね。
人気ブランドはあっという間に売り切れてしまうこともあるので、予約必須のランドセルも多いですよ。

それでは、2017年人気ランドセルブランドを紹介していきます!

 

土屋鞄のランドセル

土屋鞄のランドセル

 

創業50年を迎えた、ランドセルの老舗ブランドです。
職人さんがひとつひとつ手作りしているこだわりの詰まったこちらのランドセルは、価格は高めですが長年多くの方の支持を得ています。
防水加工された上質な革を使っておりとっても丈夫で、肩ベルトは8段階調整できます。背当てはふっくらしたデザインで背中に優しくフィットし、6年間快適に使うことができますよ。
シンプルなデザインもこちらのランドセルの特徴。カラーバリエーションも豊富です。
売り切れ次第販売終了となるので予約必須!

土屋鞄ランドセルのスケジュールはこちら
WEB先行受付:6/27(火)~6/30(金)の4日間です。

 

ミキハウスのランドセル

ミキハウスのランドセル

 

子供服が大人気な、多くの方が知っているブランドですよね。こちらのランドセルも人気があります。
コードバン・牛革・クラリーノの3素材のラインナップ。
コードバンだと20万越えとかなり高額ですが、革の美しい光沢や傷がつきにくい強度の強さなどが魅力的で、熱狂的なファンも多いですよ。カラーバリエーションは少なめ。数量限定となっています。

ミキハウスランドセルのオンラインショップはこちら
店頭販売は6月中旬予定です。

 

天使のはね セイバンのランドセル

天使のはね セイバンのランドセル

誰もが一度はこちらのCMを目にしたことがあるのではないでしょうか。歌が印象的ですよね。
こちらのランドセルは、左右同時に動く連動式の肩ベルトや、とても軽いところが特徴となっています。強度もしっかりありますよ。
カラーバリエーションやデザインが豊富で、価格も手頃なので、男の子にも女の子にも人気となっています。

天使のはね セイバンのランドセルのオンラインショップはこちら

 

フィットちゃんのランドセル

フィットちゃんのランドセル

 

こちらもCMでよく目にしますね。
全137種類と、そのバリエーションの豊富さが特徴!選ぶのが楽しいですね。
軽量・動かせる肩ベルトなど、機能面もバッチリ!価格もお手頃です。また、色やチャームの形などを選べるオーダーメイドも限定500本で作れます。予約開始日はホームページでチェックできますよ。

フィットちゃんのランドセルの公式サイトはこちら

 

キッズアミのランドセル

キッズアミのランドセル

 

キッズアミのランドセルは、昭和23年創業の「ナース鞄工」が手掛ける、手縫いのランドセルです。
イオンや高島屋などにもランドセルをOEM提供しており、品質・技術ともに定評があります。「グッドデザイン賞」など様々な賞も受賞していますよ。
シンプルなデザインから、「横型ランドセル」や「半かぶせ」など、他の人とは違った個性的なデザインもあります。生産数が少なく、すぐ完売してしまうことも多い人気ブランドです。

キッズアミの公式サイトはこちら

 

ランドセル選びは何を重視するかが大切

上記でご紹介した以外にも、ランドセルブランドはたくさん!こんなにあると迷ってしまいますよね。
今のランドセルは大抵どのブランドも優れた機能が備わっており、6年間保証が付いているものも多いです。
価格や品質、軽さ、他の人とかぶらない個性など、どこを重視するかである程度絞れるかもしれませんね。
早めに予約をしないと購入できないものも多いので、早めの情報収集をしていて損はありません。
ランドセルは決して安いものではありませんし、6年間使う大切なカバン。お子さんの意見も取り入れながら、後悔しないランドセル選びをしましょうね!

関連タグ

ランドセルを背負った女の子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search