tidying up_top

一秒で片付けられる?!使いやすさを重視した『収納法』ご紹介!

年齢とともに増えていく玩具の収納、ママの皆さんどうやって収納していますか?

お片付けに時間がかかってイライラしてしまう、片付けができない我が子を叱ってしまう……そんなお悩みはありませんか?

まずは、お子さんが普段どのように遊んでいるのか?じっくり観察してみてください。

片付けられない原因とは何か?

遊びたい!と思った時にお子さんが自分で簡単に取り出せるようになっていますか?

『おかたづけして!』と言われた時にすぐに動けるかどうか?

これがポイントになります。

今回は、一秒で片付けられる収納の仕組みについてご紹介致します。

パズルやブロックは『大きなカゴ』や『引き出し』へ

tidying up_1

3歳くらいになると、このようなブロックやパズルで遊ぶお子さんも多いと思います。

でもママやパパは、お片付けに時間がかかるからなるべくなら遊ばせたくない、と思ってしまうこともありますよね。

そんな時は、子供でも簡単に片づけられるようなカゴや引き出しを用意しましょう。

そこに放り込むだけでOK!
細かな仕切りや色分けは一切なし!

簡単かつシンプルなルールを作って教えてあげれば、あとは好きなように遊ばせてみましょう。

『お片付けだよ~』

という掛け声で、さっと片付けられるか?みてあげてください。

収納するカゴや引き出しの位置は高すぎませんか?

子供の背丈に合っているか?

重さは一人で持てるものかどうか?こちらも確認してみましょう。

何が?どこに?いくつある?

tidying up_2

こちらの収納は、子供が喜びそうなデザインでとってもおしゃれです。

何より、一目見て何が?どこに?何個あるか分かります。

実は、この一目で何がどこにいくつあるかが分かる収納はとっても大切です。

子供にはこういった目で見て分かる収納がおすすめです。

『ママ(パパ)~、〇〇どこにあるの?』と聞かれる回数も激減します。

また一目で物量が分かるので、ペンのインクが減ってきてもすぐに交換できるので大変おすすめです。

『ハサミを片付けようね!』

とママが言ったら、子供はハサミの場所が分かっていると一秒ですぐに片づけられます。

でも、場所が決まっていないとどこに片付けたらいいのか分からず時間がかかることもあります。

分かりづらい場合には、ハサミのイラストを描いてあげるなど少し工夫してみるといいですね。

いつでも好きな時に取り出せる工夫が大事!

tidying up_3

このようなおままごとセットも、一つのカゴに全部まとめて片付ける場所を決めておくとスムーズです。

野菜や果物、包丁セットなどは細かく分けずに一つのカゴにまとめて収納すると良いでしょう。

以前の私は、小さなZIPロックの袋に種類別に分けてお片付けをさせていたのですが、時間はかかるし一人で片付けてもらえないのですぐに辞めました。

子供も大人もストレスなく、すぐに取り出せる方法、片付けられる方法を探してみましょう。

目標は、何でも一秒で片付けられる仕組みを作ってあげることです。

そのためには、扉をあけて箱を取り出すという面倒な動作をカットし、引き出しを開けるという一つの動作だけで物を出し入れできるように工夫しましょう。

これだけでお片付けが楽になるだけでなく、子供も取り出したいものを一人で出せるのでママもパパもきっと楽になります。

もちろんこの方法は、お子さんのオモチャの収納だけでなく家中の生活用品全てにいえます。

物を探す手間も省けますし、子供を叱ることもきっと今より減るはずです。

どうしたら子供は取り出しやすいのか?片付けを時短で済ませる方法はないか?是非、子供目線で考えてみてください。

お片付けが楽になれば、子供と一緒に遊ぶ時間も増えますし、家に居る時間が今より更に楽しいものになるはずです。

是非、試してみてくださいね。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. イーママ主催ヨガイベント
2. 【那口絵理の体験シリーズ -ターゲットー】
3. ビューティートレーナー那口絵理、日頃のトレーニング その5

関連タグ

tidying up_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search