Red pepper_top

ダイエットスパイス七味唐辛子はかける漢方薬!

2歳の男の子を育児中のビューティーライターYUZUです。
家族の健康を最優先に毎日食事を用意するママにとって、食事制限のダイエットを続けることは難しいですよね。

そこでおすすめなのが、世界に誇る日本のスパイス「七味唐辛子」です!
家族と同じ食事に七味唐辛子をかけるだけ。
漢方薬にも使われる素材が入っている七味唐辛子の薬効を利用して、健康的に痩せ体質を手に入れてみませんか?

さまざまな効能をもつ唐辛子+α

Red pepper_1

七味唐辛子は、唐辛子+αの素材でつくられています。
厳密な定義はなく、お店ごとに調合を工夫して独自の味・香りをつくっていて、8種類、9種類の素材が入っているものも、「七味唐辛子」と呼ばれます。

配合されている素材には、実際に漢方薬に使われるものもあり、カラダを温めたり、毒素を排出したりなど、体質改善に役立つ薬効が期待できます。

では、主な素材をくわしく見てみましょう!

七味唐辛子の主役「唐辛子」

Red pepper_2

唐辛子のダイエット成分といえば、みなさんご存知、「カプサイシン」ですね。
唐辛子を食べるとカラダがポカポカと温まるのは、カプサイシンが中枢神経を刺激し、副腎皮質からアドレナリンが分泌されて血行が良くなるため。

体温上昇、発汗、新陳代謝が促され、その結果、血液中の中性脂肪を減らしたり、脂肪を燃焼したりなど、ダイエット効果を得られるのです。
ビタミンCも豊富に含まれていて、抗酸化作用や免疫力の向上、殺菌作用にも優れています。

脇役もすごい! 代表的な+α食材

山椒
ピりッとする独特の刺激は、辛味成分サンショールによるもので、胃腸を刺激して整える働きがあり、昔から胃腸薬として重宝されてきました。他にも、利尿、解毒、消炎、新陳代謝促進など、ダイエットに有効な作用があります。

麻の実
Red pepper_3
ヘンプシードやヘンプオイルなどで最近注目されている麻の実。
わたしたちが体内でつくり出すことができない必須脂肪酸と必須アミノ酸を豊富に含んでいて、皮膚、血管、自己免疫などの疾患予防に効果があります。たんぱく質、ミネラル、食物繊維も多く、腸内環境を整えたり、疲れをとったり、カラダをすっきりさせてくれる頼もしい食材です!

胡麻
セサミン、セサミノール、ゴマリグナンなど、パワフルな抗酸化物質を含んでいる胡麻。
滋養強壮、便秘解消、血行促進、解毒、脂肪燃焼、食欲調整、血糖値コントロール、代謝促進、美肌づくりなど、枚挙に暇がないほどたくさんのダイエット&美容効果があります。
また、女性ホルモン・エストロゲンへの作用が高く、異常分泌を整えて心身を健やかにします。

生姜
辛味成分のジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールが、内臓の働きを活発にして体温を上げます。血行促進、冷え改善、発汗促進など、ダイエットに役立つ働きをしてくれます。

陳皮(ちんぴ)
陳皮とは熟したミカンの皮を乾燥させたもので、利尿作用や咳止め、胃腸を整えるなどの作用があります。爽やかな芳香の成分はリモネンというもので、吐き気を抑える効果もあります。

芥子(けし)の実
Red pepper_4
あんぱんの上に乗っている胡麻よりも小さい粒、あれが芥子の実です。
栄養価に優れ、鉄分、カルシウム、不飽和脂肪酸、ビタミンB群を豊富に含んでいます。コレステロール調整、貧血予防、骨粗鬆症予防、肌荒れ改善、疲労解消に◎。

紫蘇
ビタミンCやミネラルを多く含む紫蘇の葉。利尿作用やアレルギー抑制、整腸作用があります。

青のり
抗胃潰瘍成分として有名なキャベジン(ビタミンU)をキャベツの60倍以上も含む最強健胃食材。
胃粘膜の新陳代謝を活性して、胃を若々しく元気に保ってくれます。ビタミンやカロチン、カルシウム、マグネシウム、鉄分なども多く含んでいます。

Red pepper_5

うどんや丼もの、汁もの、焼き鳥、漬物など多くの和食に合う七味唐辛子ですが、西洋料理との相性も抜群! ステーキやパスタ、コンソメスープにもばっちり合います。
ダイエットをサポートしてくれる、“かけるだけ”の七味唐辛子を味方に、いろいろなお料理を楽しんでくださいね!
物足りなさを感じる塩分控えめの薄味料理にも、七味唐辛子が風味を彩ってくれるので重宝しますよ。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1.子供の英語脳がグングン育つ!海外在住ママお勧めの読み聞かせ英語絵本
2.上腕二頭筋と広背筋のハードトレーニング
3.【体験談まとめ】ママのためのダイエットスクールに通った3人のママたち

関連タグ

Red pepper_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search