ダイエット中でも甘いものが食べたい!無理なくスイーツを食べるためのルールを知ろう!

ダイエットをしているから甘いものは食べちゃダメ……。

でもやっぱり甘いものが目に入るとついつい手を伸ばしたくなっちゃうし、我慢をするのはストレスになる……。

と悩んでいるダイエット中のママは多いはず。

「子供たちのおやつタイムに一緒に食べてしまう」「買い物中どうしても我慢できなくて買ってしまう」という経験がある方も少なくはないでしょう。

そこで今回は、ダイエット中でも気にせずにスイーツを食べるために覚えておきたいルールをご紹介。

出来る限りスイーツを脂肪に換えないためのテクニックを解説していきます!

時間を決める

sweets_1

スイーツはできる限り午後2時から午後4時までの間に食べるようにしましょう。

体内には「ビーマルワン」というたんぱく質があり、このたんぱく質は体内の活動を整えてくれる作用があります。

このたんぱく質が多いときにカロリーの多いものを食べると、太りやすくなると言われています。

そこで、「ビーマルワン」が一番少ないときにスイーツを食べる方法をオススメします。

「ビーマルワン」は午後2時から4時までの間が一番少ないと言われているので、この時間を狙うといいでしょう。

午後4時以降はスイーツを食べないように心がけましょう。

1日1品までと決める

sweets_2

我慢するのはよくありませんが、制限をせずに食べるのもNG。

上記で紹介した一番太りにくい時間帯に、1品だけと決めておくといいでしょう。

1品だけと決めておけばどのスイーツを食べるのか選ぶのも楽しくなりますし、「一切食べない」というわけではないので過剰に我慢をする必要もありません。

「1品だけ!」と決めておくことでより楽しいおやつタイムが過ごせます。

選ぶのは低カロリーのスイーツ

sweets_3

クリームたっぷりの高カロリーのスイーツを選んでもいいのですが、できることなら低カロリーのスイーツを選ぶように心がけましょう。

近年は低カロリーのスイーツが良く店頭に並んでいますし、ケーキ屋さんなどでもヘルシーなスイーツがたくさん取り扱われています。

以下のような原料を使っているものは特に低カロリーだったり代謝を高めてダイエット効果をアップさせてくれるものなので、見つけたら選んでみましょう。

・豆乳・豆腐などの植物性たんぱく質を使ったもの
・全粒粉入りのもの
・和菓子
・おから入りのもの
・シナモン、ナツメグなどのスパイスを使ったもの
・かぼちゃ、しょうが、サツマイモ、アンズなど体を温めるもの

低カロリースイーツを手作りしてみよう!

sweets_4

低カロリーのスイーツを買うのもいいですが、時間に余裕があるなら手作りしてみるのもいいですよね。

最近は低カロリースイーツのレシピをまとめた本もたくさん出版されているので参考にしてみるといいでしょう。

・低糖質スイーツ つくり方のコツ

http://amzn.asia/d/fHsbNRu

小麦粉や砂糖を控えながらおいしさの質を落とさずに作れるスイーツづくりのテクニック満載の1冊

・糖質オフだから毎日食べてもふとらないお菓子

http://amzn.asia/d/0LbWFaV

我慢せずに食べられるお菓子を身近な材料で作れるアイデアが満載!糖質オフについての基本的な知識も掲載されています。

・糖質ほぼ0スイーツ&スナック

http://amzn.asia/d/a6f0HvX

スイーツはもちろんスナック菓子も低カロリーの糖質オフで食べられるレシピが掲載。SNSで話題の「卵だけケーキ」などのレシピも多数掲載されています。

sweets_5

ダイエット中はどうしても我慢しなければならないことが増えてしまいますが、過剰に我慢をするとどうしてもストレスが溜まってしまいますよね。

育児中のママは毎日の家事や育児のストレスとも戦っているので、ダイエットでさらにストレスを増やしてしまうのは精神的に良くありません。

だからこそ、罪悪感を抱かず、楽しく食べられる方法でスイーツを楽しみましょう!

今回ご紹介した方法を是非参考にしてみてくださいね。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. 4種のトレーニングコースを一気にやってみた!
2. 日頃のトレーニングに遊びも取り入れて、全身の筋肉を鍛えます!
3. 【体験談】健康とダイエットには、心のバランス!子どものため、自分のために

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search