Yoga poses_top

気の流れを利用して、代謝を上げるママの為のヨガポーズ3選!

気温が上がる夏は意外と代謝が落ちやすくなるのをご存知でしょうか?

またアイスクリームやジュース等を口にする機会が多くなるので、“こんなに汗をかくのに太っちゃった!”というママ友の声をよく聞きます。

実は膀胱経という気の流れ(経絡)を整えてあげると、代謝がアップして太りにくくなると言われているのです。

今回はヨガ&ピラティスのインストラクター&ママのmamayogaが、膀胱経にアプローチするヨガのポーズをご紹介します。

膀胱経って何?

目頭の近くにある晴明(せいめい)というツボから始まって、ほぼ背骨の左右を流れ足の小指まで流れる気の流れです。

一番長い水の気の流れですので、膀胱経の流れを促すと代謝があがりやすくなると言われています。

前屈のポーズ「パシチモッターナサナ」

Yoga poses_2

両脚を伸ばして座り、両手の人差し指と中指を脚の親指にひっかけましょう。

きつい時はタオルを足の裏に巻き、両手でタオルを持ちます。

ふくらはぎから膝の裏、太ももの裏が伸びてきました。次に軽く胸を張ってみましょう。

肋骨が開き、呼吸がしやすくなったのが感じられます。

呼吸を数回繰り返した後、吐く息に合わせてゆっくりと身体を前屈させます。膀胱経の流れをイメージしながら、呼吸を繰り返しましょう。

立前屈のポーズ「ウタナサナ」

Yoga poses_3

つま先を正面に向け、両脚を揃えて立ちます。

両手は身体の横に添え、直立不動の姿勢を作ります。吸う息に合わせ一旦軽く胸を張り、ゆっくりと吐く息に合わせながら身体を前に倒していきます。

両手が地面につかない時は、両手で膝を抱えてみましょうね。2.3回呼吸を繰り返したら、吸う息に合わせて身体を起こします。

シークエンスのポーズ

Yoga poses_4

仰向けになり右膝を立てます。

両手で足首を持ち、膝を伸ばしながら持ち上げましょう。このポーズもタオルを足の裏に巻き、両端を手で持つと楽にできます。

キツイと感じた方は無理をせず、まずはタオルを利用してみましょう。脚の筋肉がしっかりと伸びるので、筋肉の伸びを確認しながら、膀胱経の流れをイメージします。左脚も同様に行います。

膀胱経は代謝を上げる手助けをしてくれる経絡ですが、流れている場所がほぼ自律神経と同じなので、膀胱経を意識することは自律神経の調整にも繋がってきます。

自律神経の乱れは暴飲暴食の原因のひとつとも言われていますので、膀胱経を整えることで不要な飲み食いの防止&ダイエットにも効果が期待できます。賢いママは膀胱経をきちんと整えて、効率よくボディを引き締めましょう。

 

1. 腕立て伏せのスーパーハードバージョン!
2. 【体験談】窮極のくびれトレーニングとスクールの魅力まとめ
3. 【体験談】全身トータルビューティートレーニング&美しいバストラインの秘訣

関連タグ

Yoga poses_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search