抗糖化ライフで産後ダイエット成功! 美肌も若さも手に入る!

ニュージーランドの大自然の中で二人の子育て真っ最中のママライターYangです。

ダイエット、健康、アンチエイジングなど、美意識の高い女性の間ではすでに知られている抗糖化ダイエット。理想の体型を手に入れるだけでなく、美肌や健康を維持したい欲張りさんにもぴったりのダイエット法なんです。

糖化をSTOP! 抗糖化ダイエットとは

antiglycation201605_Yang_2
抗糖化、つまり糖化を防ぐことで、スリムで健康なカラダや美肌を手に入れる近道になります。では、糖化とはどういった状態なのでしょう。

体の中の余分な糖が、タンパク質と結びついてAGEs(終末糖化産物)という物質に変化します。このAGEsが体内に蓄積すると、老化を促進し、美容や健康面に様々な害を及ぼします。

糖化が起こるときは、体内に余分な糖があるとき。つまり、血糖値が高くなり、体内に脂肪を貯め込みやすい状態です。糖化により血管やリンパが硬くなり、生活習慣病のリスクが高まります。血管が硬くなると血流が悪くなり、冷えの原因に。冷えは痩せにくい体を作ります。

骨がもろくなることで起こる骨粗しょう症も、糖化が強く関わっていることが分かっています。美容面でいうと、AGEsがお肌に蓄積されることで、タンパク質であるコラーゲンまでも固めてしまい、たるみやしわの原因に。肌の色がくすんだり透明感が失われるのも、AGEsの色が褐色であるために起こる現象です。

このように、糖化は私たちの体に様々な悪い影響がありますが、逆に言えば糖化を防ぐことにより、ダイエットも美肌もアンチエイジングも一度に手に入ってしまうということなのです!

誰でもできる抗糖化、4つのポイント

体内で起こる糖化を防ぐために効果的な、4つのポイントをご紹介します!

antiglycation201605_Yang_3

1、バランスの良い食事

バランスの良い食事はダイエットの基本中の基本です。これを無視して通ることはできません。野菜を中心に、お肉もお魚もきちんと食べましょう。

抗糖化ダイエットは、食べないダイエットではありません。空腹を我慢するのは、体力勝負のママ達には不向きです。甘いものを食べ過ぎてしまうと、余分な糖が体内に溜まってしまい、糖化の原因になるので、ここだけはぐっと我慢! スイーツはたしなむ程度で、食べ過ぎは禁物です。

2、食前にお茶を飲む

糖化を予防するには、食前に緑茶やウーロン茶、ルイボスティー、カモミールティーなどを飲むのがお勧めです。お茶やハーブティーには、体の糖化を予防する効果に加え、できてしまったAGEsを体外に排出する作用もあることが分かっています。

3、食べる順番を変える

食事の際は、食べる順番に気を付けて血糖値の急な上昇を抑えましょう。まずは、糖質が少なく食物繊維の多い野菜から食べ始め、次にスープや味噌汁などの汁物、そして魚や肉などのメインのおかずを。ご飯やパンなどの炭水化物は一番最後に食べるようにしましょう。

同じメニューでも、食べる順番を変えることにより糖化を予防することができます。食べ過ぎも抑えられ、一石二鳥です。

4、適度な運動

食後のウォーキングなどの軽い運動は、血糖値を下げます。激しい運動や難しいことは必要ありません。ベビーカーを押しながら子供とお散歩に出かけるなど、少しでも体を動かすと、抗糖化ダイエットもグッと効果的になります。

抗糖化ダイエットに選びたい食品は?

抗糖化ダイエットでは食事制限は必要ないものの、積極的に選びたい食品があります。キーワードは「GI値」。GI値とは、その食品を食べた後に血糖値が上がるスピードを計ったもので、GI値が低いほど抗糖化ダイエットに向いた食品となります。

antiglycation201605_Yang_4

私たちの身近な食品で、GI値の低いものをあげてみましょう。

主食:玄米、全粒粉パン、日本そばなど
野菜:ほうれん草などの葉野菜、トマト、キノコ類
果物:りんご、オレンジ、イチゴ、グレープフルーツなど
おやつ:ナッツ類、ブラックチョコレート、ゼリーなど

低GI値食品の上手な取り入れ方

精製された白米よりも玄米を

白く精製された食品は、GI値が高くなります。白米よりも玄米、うどんよりも蕎麦、白砂糖よりも甜菜糖(てんさいとう)などを選ぶようにしましょう。

野菜やフルーツでもGI値に注目

野菜の中でも、ジャガイモ、カボチャ、ニンジン、とうもろこしはGI値が高めです。ジャガイモは、GI値の低いさつまいもに置き換えるなど工夫を。フルーツでは、パイナップルや黄桃、スイカなどはGI値が高くなっています。

GI値の高い食品は、低いものと組み合わせてバランスを

GI値が高い食品でも、食物繊維の豊富な野菜などの低GI値食品と合わせてとることで、全体的な食事のGI値を下げることができます。お酢や乳製品にはGI値を下げる働きがあるので、酢の物をメニューに入れたり、牛乳やチーズも上手にお料理に取り入れましょう。

様々な抗糖化テクニックをお伝えしましたが、どれも手軽にできるものばかりですね。産後ダイエットが目的で糖化予防を意識していると、いつの間にかお肌の調子も良くなり、ダイエットのモチベーションも上がること間違いなしです!

糖化と体の老化は深く関係があることが研究で分かっており、糖化の進みが早い人は老化の進みも早いと言えます。10年後も20年後もキレイなママでいたいから、今日から早速抗糖化生活を始めましょう!

食事の前にとると血糖値の急激な上昇を抑えられるヨーグルトについて、紹介しているのでこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

↓       ↓       ↓

ヨーグルトは温める時代! ホットヨーグルトで産後は楽ヤセダイエット!

yogurt201604_Yang_1

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search