chair_exercises1

ティータイム前にやるべき! お腹周りが気になるママのための、椅子に座ってできる簡単エクササイズ♪

夏と比べて、身体の露出度が格段と減る季節になりました。ゆったり感覚の衣服がボディラインを隠してくれる安心感からか、秋から冬にかけて“太った”と訴える方が増えてきます。今回は美意識の高いママのために、ヨガ・ピラティスのインストラクターの私が、ティータイム前に椅子に座ったままできるお腹周りに効かせるエクササイズをご紹介します。

ウエストの引締め&冷え症にも効く! 簡単捻じりのポーズ‼

chair_exercises2

椅子にやや浅くかけ、骨盤・背骨がある程度地面と垂直になるようにまっすぐ立てて座ります。この時背骨や骨盤が後ろに傾くと腰の負担が大きくなりますので、場合によっては薄めのクッション等をお尻の下に敷いて調整しましょう。両手で椅子の両サイドを軽く掴み、ゆっくりと息を吐きながら背骨を立てた状態で捻じります。捻じったまま静かな呼吸を2~3回繰り返します。最後にゆっくりと吐きながら、身体を元に戻します。

腹筋の中間に位置する腹斜筋にアプローチするので、お腹周りが気になるママにおすすめです。同時に背骨に沿って走っている自律神経の調整にも効果がありますので、冷えにお悩みのママもトライしてみてくださいね。

腹筋が苦手なママにおすすめ!脚の重みでお腹周りをシェイプアップ‼

chair_exercises3

上半身を持ち上げる“腹筋”は、出産後の身体にはきついものです。妊娠前は屈強な男性にも負けない位“腹筋”に自信があった私でも、たった1回の“腹筋”が出産後1年以上出来ませんでした。

そこでおすすめなのが上半身よりも軽い、脚を持ち上げるエクササイズ!安定した椅子にかけ、背骨をまっすぐに立てます。まずは両手を椅子に添え、両脚を持ちあげてみましょう。お腹だけでなく、太ももの前の筋肉にも効いているのがわかると思います。呼吸を数回繰り返し、吐く息に合わせて脚をおろします。

chair_exercises4

次は両脚をあげた状態で、身体を捻じってみましょう。この時は身体が後ろに倒れないように、脚は動かさないように気を付けます。捻じったまま呼吸を数回繰り返し、息を吐きながら脚をおろすと、肋骨周りからわき腹にかけての引締めがプラスされます。

chair_exercises5

さらに余裕があるようでしたら、両手を椅子から離します。きついですが息を止めないようにしましょうね。
ほんのわずかな時間のエクササイズですが、コンスタントに行う事で確実に身体が変化していきます。毎日のお茶時間の前に、チャレンジしてみましょう。

↓    ↓    ↓

家事をする外人女性

【関連記事】お掃除をやりながら気になる部位がほっそりしたら、それは大満足ですよね!「家事をしながら効果的な“ながらトレーニング”でシェイプアップ!」

関連タグ

chair_exercises1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search