エクササイズ

【体験談】太った自分を知ることが痩せるための第一歩!

監修:那口絵理

まだ体重は減りませんが、人からは一回り痩せた? と言われるようになった、41歳のひよこのままです。

昨年10月に三男を出産し、産後1年2ヶ月になります。今回は、産後ダイエットスクールの4回目。講座のテーマは、「新しく服を買わないこと」です。

新しく服を買ってはいけない理由

服
なぜ産後に新しい服を買ってはいけないのでしょうか? それは太った体に合わせた服を買ってしまえば、今の体型に安心してしまうからなんです。

産後1ヶ月ほどは、授乳も頻繁なので、マタニティの服をそのまま着たり、ハウスウェアなど楽な服装で過ごしているママが多いと思います。産後1ヶ月はそれでもいいのですが、産後2ヶ月目からは、産前の体型を取り戻し、たるんだ部分を引き締めるために、意識してトレーニングしていくことが重要だということです。

そのためにはまず、妊娠前に履いていたボトムスを履いてみることです! 先生曰く、ここが重要なポイントとのこと。どこが太ったのかを知ることで、どこを重点的にシェイプアップすればいいのか自覚できるのです。妊娠前のジーンズやパンツは履けますか? 試してみればわかりますが、きっと妊娠前のものは履けないと思います。多くの方が、腰の骨盤の部分で引っかかってしまって、ボトムスをウエストラインまで上げられないようです。那口先生のように元々スレンダーな方でも、同じ悩みがあったと言います。

私自身も試してみましたが、ゴムウエストのパンツやマタニティパンツに慣れてしまい、タイトなジーンズなどは太ももから上に上がりませんでした。この悩み解消のために、今回のスクールでは大きく6種類のウエストとヒップに特化したトレーニングを教わりました。

立った姿勢のトレーニング

まず、立った姿勢での「デッドリフト」というトレーニングを紹介します。

デッドリフト

エクササイズ
足は肩幅程度に開いて立ちます。この時の姿勢は背筋を伸ばして良い姿勢を心がけます。次に、腰は曲げず、お尻を突き出すようなイメージで膝を曲げ、そのまま上体を下に落とすように下げていきます。

4カウントで下げたら、次の4カウントで上体を元の位置までゆっくり上げていきます。これを10回×2セット、ゆっくりで良いので行います。

太ももの裏が伸びて、ヒップアップ効果があります。ゆっくりやることと、お尻を少し突き出すようなフォームがポイントです。難しくはないのですが、フォームが崩れてしまいがちなので、できれば鏡などを見ながら行うといいと思います。

私個人の感想としては、このトレーニング自体は思ったより簡単だったので、これでいいの? と思ってしまいましたが、毎日続けることが重要です(他のトレーニングももちろん、続けることが重要ですね)。

横になった姿勢のトレーニング

次に横になった姿勢でのトレーニングです。①②③④を1セットで行います。

1

エクササイズ
真っ直ぐ仰向けで寝た姿勢から、両手を床について、お尻を締めるように腰だけを持ち上げます。これはかなりきつかったですが、ヒップアップ効果があります。


2

エクササイズ

続けて、寝た姿勢で片足だけを持ち上げます。左右15回ずつ×2セットです。これもヒップアップに効きます。


3


続けて、②の姿勢のまま一旦両足を床につけ、上半身を、後ろを見るような感じでひねります。15回×2セットです。ウエストのくびれを作るトレーニングです。


できる場合は両足を床から上げながら行った方が効果的です。足を上げて行うのは、私はかなりきついと感じました。


4

エクササイズ
寝た姿勢で90度に膝を曲げて横を向きます。左右交互に行います。15回×2セットです(できるだけ早く行います)。

プランク

最後にプランクを行いました。プランクの持続時間は、私の場合、初回15秒程度でしたが、2回目は30秒、3回目は1分ほどに伸びました。4回目は1分は余裕でしたが、1分強でやめました。このようにプランクは、続けていけばタイムが伸びますので、とても励みになります。


今回の立った姿勢、横になった姿勢のトレーニングとプランクだけでも、毎日していると、ウエストとヒップのラインが引き締まってきますよ。

また私の場合、今季は風邪をひきませんでした。基礎体力が以前よりついてきたため、忙しくて疲れ切ってしまうということがかなり減ったと思います。このように変わってきたのは、トレーニングを生活に取り入れてきたおかげではないかと思います。

今回も那口先生の他に、長谷川トレーナーにも指導していただきました。皆様とても優しく、しっかりと指導してくださるので、本当に感謝しております。

トレーニング後はアイスハーブティーでティータイム

ティーポット
約1時間のトレーニングの後は、約30分のティータイムです。ティータイムのお茶の種類は毎回違うのですが、今回はアイスのハイビスカスティー。少し酸味のある味が特徴的な、鮮やかな色の綺麗なお茶でした。

今回は1歳の息子と一緒にスクールへ行ったので、トレーニング中もティータイム中も、息子や育児の話題でお話も弾みました。スクール中、息子は広々としたお部屋で遊ばせてもらって、終始上機嫌! 帰るとき、息子は眠ってしまったので、そのままベビーカーに乗せて青山通りを表参道まで歩いてみました。

帰り道、オーガニックレストランの老舗で、ランチの自然食バイキングを食べて帰りました。食事前に目覚めた息子は、玄米をバクバク食べてご満悦。お味噌汁とご飯、お野菜メインのおかずで、ダイエット中の私にも良さそう。こういったトレーニング後のささやかな楽しみを見つけることも、目標を達成していくためには大切ですよね。

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

エクササイズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search