エクササイズ

【体験談】窮極のくびれトレーニングとスクールの魅力まとめ

監修:那口絵理

三男が1歳7ヶ月になりました、42歳のひよこのままと申します。

ママのための産後ダイエットスクール、レザンジュ広尾店でトレーニングを行ってきました。今回の5月・6月講座テーマは「窮極のくびれトレーニング」です。

トレーニングを日々行っている、那口先生のくびれが美しいのは言うまでもありません。毎日少しずつでも続けていくことで、理想の体型に近づいていきます。私は3月・4月とかなりトレーニングをさぼっていたため、かなりトレーニングがきついと感じました。初回(【体験談】妊娠、出産を繰り返し74kg! かなりぽっちゃりの体を整えたい!)のように体が戻ってしまっていたのです。

このことに危機感を感じ、トレーニングは、日々続けることが大事だと言うことと、那口先生にしっかりと正しいフォームを定期的に見てもらうことが大事なのだと、強く感じました。

これまでに習ったもの、新しいトレーニング、ストレッチを含め、10種類ほどのトレーニングを行いました。

立った姿勢でスクワット

スクワット

まず、立った姿勢でのスクワットです。
太ももの部分にトレーニング用のゴムを巻いて行います。

①足を肩幅程度に開いて、お尻を突き出すような姿勢で立ちます。

背筋が曲がらないように、背筋を伸ばした姿勢を心がけます。お腹にグッと力を入れるのがポイントで、お尻を突き出すような感じで膝を曲げ、そのまま下に上体を落とす感じでゆっくり下げていきます。

4カウントで下げたら、次の4カウントで上体をゆっくり上げます。これを1セットとし、10回×2セットを行います。速く10回、ゆっくり10回という感じで行います。

スクールでは音楽を流しながら行っています。8カウントを取りやすいので、家でやる時も、好きな音楽をかけながらやるといいですね。

ここで、くれぐれも脚が内股にならないように気をつけ、膝がつま先のラインにまっすぐ降りるように意識して行います。太ももの裏が伸びて、ヒップアップ効果があります。

その後、足を肩幅より広く開き、同じスクワットを行いました。

膝を前に出さないように気をつけ、お尻を突き出すような姿勢にし、お腹にグッと力を入れるのがポイントです。トレーニング中、裏腿の部分に効いている感じがあれば正解です!

②太ももにゴムを巻いてスクワットをしたまま、カニ歩きをします。

歩幅は小さく5歩右に行ったら5歩左に戻ります。私はこれがとても難しいと感じました。

寝た状態で膝を90度に曲げて左右に振るトレーニング

トレーニング

仰向けに寝た状態で両膝を90度に曲げます。両手を上にあげて固定できる場所を用意し、しっかり掴みます。スクールでは那口先生の足首を掴んでいますが、固定されている棒状のものなら代用可能です。その状態で両膝を左右に振ります。

座った姿勢で上半身を左右に振るトレーニング

トレーニング

ポイントは、背筋を伸ばさずに丸めること、首を下向きにすること! 腰に負担がかかってしまうのを軽減します。10回1セットで行います。

これら一連の左右に振る運動は、美しいくびれを作ります。左右に振ることでウエストラインが締まってきます。出来れば、両足を上げて行うと、もっと効果があります。

産後ダイエットスクールの内容はとても充実しているので、是非興味のある方は、直接先生からトレーニング法を教わっていただきたいと思います。

立った姿勢でトレーニング用ゴムを使ってストレッチトレーニング

トレーニング

足を肩幅程度に開き、立った姿勢で写真のようにトレーニング用ゴムを足に掛け、右足の場合は右手だけで上に引っ張ります。その時左手は腰にあてます。上方向に精一杯まで引っ張った後、ゆっくり下方向に戻していきます。左足、左手も同様に行います。

プランク

プランク

プランクとは、腕立ての姿勢を維持し、体幹を鍛える運動です。今回は1分間チャレンジをしました。スクールでは毎回プランクを行っていますが、(家でもやっています)体幹が鍛えられるので、だんだんやりやすくなります。

逆に、家でのトレーニングをさぼると、だんだん体幹が衰え、大変きつく感じます。一番手軽にできるトレーニングでもあり、体幹を鍛えるトレーニングは、全てのトレーニングの基本なので、色々できない方は、まずプランクをおすすめします。

横向きのプランク

プランク

横向きの姿勢になり、プランクを行います。体幹がある程度出来ていないとかなり難しいです。先生の姿勢と私の姿勢の違いを写真で見ていただくと分かると思いますが、左手は先生のように上げて体側につけておくのが正しい姿勢です。私はその姿勢ができないため、左手をついてしまっています。この姿勢を維持するだけでもかなり大変でした。左右入れ替えて両方とも同様に行います。

ストレッチ

右足を前に出し、右膝を立て、左足を後ろに伸ばします。両手は右膝の上にのせます。上半身は前向きにし、背筋は伸ばします。

ストレッチ

両手を上方向に思い切り伸ばし、膝を立て、体全体を伸ばします。

ストレッチ

右足を膝から後ろに曲げ、お尻につけるようにし、左膝を立てて支えます。

左も同様に行います。背筋は伸ばした姿勢を保ちます。

正座して両手を伸ばし、伸びをするようにストレッチをします。

ストレッチ

仰向けに寝た勢で腹式呼吸し、リラックス

リラックス

仰向けで寝た姿勢を取り、お腹に両手をあてます。この時呼吸はお腹が膨らむように吸い、少しずつ吐きます。リラックスをして、トレーニングは終了です。

美しいくびれは下半身から

約1時間のトレーニングの後は、約30分のハーブティータイムです。

お茶請けには「魔法のダイエット®チョコレートサプリメント」のミルクチョコレートをいただきました。

那口先生から講座のテーマについてお話を伺いました。
今回のトレーニングテーマ「窮極のくびれトレーニング」は、下半身のトレーニングを集中して行うことで、美しいくびれを作るためだけでなく、骨盤が正しい位置に収まり、骨盤底筋、体幹が鍛えられ、結果全身のトレーニングにもなります。

現在、2ヶ月毎にテーマを設定して行われているスクールですが、どのテーマのトレーニングを受けていただいても、体幹、骨盤底筋をはじめとして、全ての大事な要素が詰まったものになっています。那口先生は日々このトレーニングの内容を見直されており、毎回改良を重ねておられます。

まとめ

8回のモニターの期間は今回で最終回を迎えましたが、幸い都内在住なので、今後も続けて最低月1回はスクールに通おうと思っています。

今後も通いたいと思わせるポイント!

・無理のない時間設定(週に1時間、1回からOK)

・運動が苦手な人でも無理なく出来るようにマンツーマン指導

・ティータイムに先生とママ同士のおしゃべりで育児ストレス解消

先日テレビで紹介されていた、高級なダイエット用チョコレートも、お茶請けとして毎回いただいてしまっています(笑)。

このように楽しいことがいっぱいなので、運動音痴な私でも、無理なく運動を習慣にすることができています。昨年の写真を見返してみると、体重はそこまで変動していないのですが、明らかに体型が変わってきたのがわかります。息子にも昨年に比べ痩せたと言われました! また、定期的なストレス解消が出来ていることで、メンタルが安定し、表情が明るくなってきたなどの効果もあるようです。※あくまでも私個人の感想ではあります。

先生にも、スタッフの方にも、本当に感謝しています。今後も日頃のトレーニングを長く続けていきたいと思います。

那口絵理

監修:那口絵理2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

1980年東京都生まれ。10代の頃、モデルやアーティストとしてショービジネスで活動。その後トータルケアを実現するエステティシャンへ転身。産後ママのためのダイエット&キレイなスタイル作りのお手伝いを行う美容トレーナーとして活動中。2010年に第一子を出産。2011年に第二子を出産。2016、2017ミス・ユニバース・ジャパン講師

詳しいプロフィールを見る

関連タグ

エクササイズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search