late_night_snack1

ダイエット中でも太りにくい夜食は?ルールさえ守れば大丈夫!

ニュージーランドの大自然の中で、二人の子育て真っ最中のママライターYangです。

ダイエット中とはいえ、夜遅くにお腹が空いてしまうこともありますよね。
遅い時間に食べ物を食べるのは良くない! でもお腹が空いて眠れそうにない。そんな時は、我慢せずに夜食を食べましょう。

上手に食べるルールを守り、メニューを選びさえすればダイエット中でも夜食を食べても太りにくい食事を紹介します!

夜食を食べる前に

たとえダイエット中でなくても、夜遅く、特に寝る前に食べ物を体に入れてしまうと、寝ている間に消化活動が始まり体が完全に休まらない事になります。
なるべく夜食をとらないようにするのがベスト。
夕食はバランス良く十分な量をとり、寝る前にお腹が空いてしまう事態を避けましょう。
それでも眠れないくらいお腹が空いてしまったら、夜食の出番です。

夜食を食べる時のルール

お腹を満たし、睡眠を邪魔せず、しかも太りにくい夜食のとり方にはルールがあります。

1、温かいものを食べる
2、低糖質のものを選ぶ
3、ひと手間をかける

温かいものを食べることで内臓を温め消化を良くします。少量ずつすするスープなどは、時間をかけてゆっくり食べることにつながり満腹感を得やすくなります。

また、夜遅く食べるという事は、エネルギーをほとんど消費しないうちに寝てしまうという事。糖質を多くとってしまうと摂取したカロリーの大半を体に蓄えることになります。お腹に溜まるからと言ってパンやおにぎり、イモ類などを食べるのは避けましょう。

最後に、袋を開けるだけでつまめるような食べ物は、簡単なだけに必要以上に食べてしまう恐れがあります。
面倒でもきちんと手間をかけて用意した夜食はお腹も心も満たしてくれ、食べ過ぎを防ぐことにつながります。

夜食にお勧めのメニュー三品

・お味噌汁

late_night_snack2

温かいお味噌汁は、内臓を温め消化を良くするので、夜食にお勧め。
具だくさんにし、キノコなどの噛み応えのある具材を入れることで、満腹感を得やすくします。

・ヨーグルト

late_night_snack3

消化の良いヨーグルトは、低糖のものを選んでカロリーを抑えます。
食べ応えがほしければ、カットしたバナナを混ぜて。冷たすぎると体を冷やす原因になるので、ホットヨーグルトにするのもお勧めです。

・春雨スープ

late_night_snack4

麺類が食べたいなら春雨スープを選びましょう。ラーメンよりもカロリーが低く、スープの脂質も少なく、それでいて満足感を得ることができます。

食べる時にもう一つ注意したいのが、スマホを見ながらの「ながら食べ」です。
食べる以外のことに集中すると満足感を感じにくくなります。
本来ダイエット中には避けるべき夜食ですが、せっかく食べるのであれば、きちんと味わっておいしく頂きましょう。

関連タグ

late_night_snack1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search