yoga_Top

冷えに悩むママが、本当に知りたかったヨガ3選!

寒い冬、お布団の中でお子さんにママの足が触れた途端「ママの足、冷たい!」と言われた事はありませんか? 保温効果の高い靴下や、冷え症に効くと言われる食べ物や、様々な冷え対策があります。

今回はヨガ・ピラティスインストラクターのmamayogaが、呼吸を効果的に行いながらより効率的にインナーマッスルにアプローチ出来る“かじかみママ”におすすめのヨガのポーズ3選をご紹介します。

知っているようで知らない“呼吸”! 胸式呼吸(ウジャイ呼吸)のススメ‼

yoga_2

数年前、男性タレントさんがダイエットに効果がある……と紹介し、一躍ブームになった“○○の呼吸”を覚えていらっしゃる方も多いと思います。ダイエットに効果があると言われる“○○の呼吸”も、基本は胸式呼吸です。効率的に内側の筋肉に効かせる為に、胸式呼吸はマスト! まずは息を吸うときもお腹を締めたまま、吐く時も締めたままの胸式呼吸を練習しましょう。家事をしながらでも、テレビを観ながらでもできますね♪

全身の筋肉の7割を占める下半身にフォーカス! アンジャネーヤ・アーサナ‼

yoga_2

胸式呼吸ができるようになったら、いよいよヨガのポーズに挑戦です。四つん這いになり、両手の間に右足をおきます。まずは軽く胸を張り、正面を見ましょう。これでOKですが、膝などがきつくなければ後ろの左膝をマットから浮かしてみます。さらに余裕があるようなら、両手をマットから離します。ご自分にとって無理の無いポーズをキープしながら、胸式呼吸を数回繰り返します。逆も同じように行います。

お腹から下半身の筋肉のプルプル感がたまらない! パリプールナ・ナーヴァ・アーサナ‼

yoga_3

どうせなら、冷えだけでなくお腹にも効かせたいという、一挙両得を狙うママに是非やっていただきたいのがパリプールナ・ナーヴァ・アーサナ。両膝を立て、両手を膝の裏に回します。両足をマットから少し浮かし、更に背骨も伸ばします(後ろに傾くのはかまいません)。バランスがとれるほど、両膝を伸ばします。可能であれば、両手を足から離してみましょう。胸式呼吸を行うことで、腹筋の一番内側の層“腹横筋”にも効くので、より多くの筋肉にアプローチできますよ。

チャトランガで、全身の筋肉の緊張と体温の上昇を再確認!

yoga_4

うつ伏せから、両足のつま先と両腕を立てます。しっかりと腹圧をかけ、脇を締めましょう(慣れるまではここまででOKです)。肘を直角になるまで後ろに引きます。見た目以上に全身の筋肉を使うポーズなので、全身から汗が噴き出ます。上腕三頭筋(いわゆるフリソデ)にも効く、数少ないヨガのポーズの一つでもあります。

最初から完璧なポーズを目指すのではなく、無理の無い範囲で少しずつバージョンアップしていきましょうね。全身の血流が向上し、身体全体が温かくなるのが実感できますよ♪もちろん胸式呼吸をお忘れなく!

関連タグ

yoga_Top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search