mikan_1

身近にありながら超優秀! 冬が旬のみかんはダイエットにも効果的!

ニュージーランドの大自然の中で、二人の子育て真っ最中のママライターYangです。

冬に食べたい果物のナンバーワンといえば、みんなが大好きなみかん。
気付けばいつもそばにある、身近なこの果物に秘められたパワーを知っていますか?
今回はみかんとダイエットのお話です。

みかんのダイエット効果の正体はペクチンとクエン酸

mikan_2

みかんに含まれる成分のうち、ダイエット効果があるのがペクチンとクエン酸です。どちらも一度は耳にしたことのある名前ですね。いろんな種類の果物に含まれるこれらですが、みかんの含有量はトップクラスです。
それぞれの特徴をみてみましょう。

ペクチン

ペクチンは果物に含まれる食物繊維のこと。血糖値の急な上昇を防ぎ、コレステロールの吸収を抑え、血中コレステロール値を下げる働きがあります。
体内に余分な脂肪が溜まるのを防ぎ、太りにくい体を作ります。
また、ペクチンには整腸作用があるので、便通をよくすることで新陳代謝が上がり、ダイエットにつながります。

クエン酸

柑橘系の果物に多く含まれ、酸味の元なっています。食事でとった糖、脂質、タンパク質をエネルギーに変える働きをし、新陳代謝をあげてダイエットを助けます。
規則正しい食事、適度な運動と組み合わせることでクエン酸の効果がより発揮されます。

美と健康にもやっぱりみかんがイイ!

mikan_3

昔からみかんを食べると風邪をひきにくいと言われていますが、これはみかんに豊富に含まれるビタミン類のおかげです。

特にビタミンCは、みかん2~3個で成人の一日に必要な摂取量に相当するほど。ビタミンCには免疫力を高め、風邪に対する抵抗力を強めてくれるほか、美肌、美白、抗酸化作用など美に関しても様々な効果があり、キレイになるために積極的に摂りたい成分です。

また、みかんのオレンジ色を作る色素であるβクリプトキサンチンは、がん予防効果があることがわかっています。女性にとって心配な骨粗鬆症の予防も期待できます。

リモネンという成分は、血行を促進して血流をよくするため、冷えやむくみにも効果的。

他にも、疲労回復や高血圧、動脈硬化の予防など、あげていけばきりがないほどの効果効能があります。

ダイエット効果を期待するなら食前に

mikan_4

おいしくてついつい手が止まらなくなってしまうみかんですが、果糖も含まれており、カロリーは一個50kal前後あるので、食べ過ぎはいけません。
一日の摂取量は3個までとして、食べるタイミングは食前に。

また、みかんの白い筋をきれいに取ってしまう人もいますが、内皮や白い筋には栄養がたっぷりと含まれているので、取ってしまってはもったいない。ダイエットや健康のためにはそのまま食べるのがベストです。

みかんは食べるだけで痩せるという単品ダイエットではありません。バランスのとれた食事と運動を組み合わせてこそ威力を発揮します。
健康的に痩せるためには規則正しい生活を心掛け、適度な量のみかんを定期的に食べるようにしましょう。

忙しいママ達のダイエットは、特別なことをするとなかなか続きません。いつも身近にあり、簡単に手に入るうえにうれしい効果が沢山あるみかんは、ママ向けのダイエット食品と言えるでしょう。
ぜひいつもの食生活に取り入れてみてくださいね。

↓    ↓    ↓

スーパーフードのキウイフルーツをもつ少女

【関連記事】一年を通して手に入るとても人気のあるフルーツ、キウイ!「知ってた? キウイフルーツこそ身近なスーパーフードだった!」

関連タグ

mikan_1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search