muscle_top

保育園の送り迎えやお買い物の最中にダイエット?!歩きながらこっそり腹筋を鍛える方法

産後なかなか腰回りの肉が取れない……とお悩みのママは多いはず。

私もその1人です。

でもいざ「ダイエットするぞ!」と意気込んでみても育児や家事で忙しく、時間が取れない!という方も多いと思います。

そこでオススメなのが「ながらダイエット」です。

いろいろなことをしながら、ついでにできるダイエットなら忙しいママも実践しやすいはず!

その中でも今回は、保育園の送り迎えやお子さんとのお散歩、お買い物の最中など歩いているときにできる、腹筋を鍛える方法をご紹介します!

子供と一緒だと歩く機会も多いので、ぜひ実践してみてくださいね!

まずは歩き方を見直して腹筋を意識しよう!

muscle_1

いきなり腹筋の運動をしながら歩くのは難しいので、まずは少しだけ歩き方を見直してみましょう。

実は多くの人が「正しい歩き方」ができていないといわれていて、特に現代の女性は猫背がちな人が多いので、これを機に少し歩き方を意識してみましょう。

歩く時のポイントは以下の通り。

鏡などを見て正しい歩き方の姿勢をチェックしてみましょう。

・背骨が横から見て軽くS字になるよう、背筋をまっすぐにする

・正面からみた場合は肩と骨盤の位置が水平になるように

・足を着地させるときは、かかとから先に着地する

文章だけでは実践するのが難しいので、こちらの動画も参考にしてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=9VCyXHMwlxM

腹筋を意識して、少し力を入れつつ歩けるようになるとベストです!

まずは呼吸を整えてみよう!

muscle_2

ある程度正しい歩き方ができるようになったら、呼吸を意識して腹筋を鍛えていきましょう。

これはブームにもなった「ロングブレスダイエット」を取り入れた方法です。

3歩目いて息を深く吸い込んで、そのまま歩いていき、9歩目で息を吐きだす。

このルールにのっとって少し早めのテンポで歩いていきます。

3歩目で長く息を吸い込むときは腹筋を意識しましょう。

「ドローイン」というおなかを引っ込めるだけの鍛え方

ドローインという名前のついているこちらの方法は、ただ歩くときにお腹を引っ込めるだけ。

少し胸を張った状態でお腹を30秒間大きくへこませて歩きます。

立っている状態でお腹を引っ込めるドローインでも腹筋が鍛えられると言われていますが、歩きながら行うドローインは効果がより高まるそうです。

簡単なのでぜひ試してみてください!

意識するのはおへその下!

muscle_3

腹筋を意識しながら歩くだけでも十分効果は期待できるのですが、「腹筋を意識する」というのがイマイチピンとこない……歩きながらだとうまく力が入らない……という人もいるでしょう。

そんな方は「おへその下に力をいれる」というのを意識してみてください。

そうすると自然にお腹に力が入って、腹筋を鍛えながら歩くことができます。

できるだけ歩く距離を増やしてみよう!

毎日あまり歩かない、という人は歩く距離を増やしてみましょう。

といっても子育て中のママには早起きをしてウォーキングをするような時間はないと思います。

一駅早めに降りて歩いてみたり、遠くのスーパーに買い物に行ってみたり……と少しだけ歩く距離を延ばすだけでOKです。

極端にウォーキングを長くするというのではなく、生活の中で無理のない程度に運動できる時間を増やしていきましょう!

muscle_5

普段の生活の中で取り入れられるダイエットは他にもありますが、歩きながら腹筋を意識して取り組むダイエットはより手軽。

短期間で劇的な効果があるものではありませんが、続けることで次第に腹筋が鍛えられてきます。

特に下っ腹が出やすい人や腰回りの肉が気になっているという方にはとてもオススメの方法なので、ぜひ取り組んでみてくださいね!

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1.4種のトレーニングコースを一気にやってみた!
2.【体験談】窮極のくびれトレーニングとスクールの魅力まとめ
3.【体験談】全身トータルビューティートレーニング&美しいバストラインの秘訣

関連タグ

muscle_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search