posture_top

その“痩せたい”は必要?姿勢&似合う服選びで“痩せなくても素敵なママ”へ!

体重が増えた、顔が丸くなってきた……以前の自分を思い浮かべて“痩せなきゃ”と思うこと、ありますよね。

でもただ“痩せる”という考え方はとってもアバウト。「引き締めたい部分を確実に引き締める」ことによって、痩せることなく美しくなれることだって多いのです。そして実際には「痩せる」ことよりも「姿勢」の修正が効果的なことも。

まずは足元を見てみて。内またになっていませんか?それ、素敵なママから遠ざかってるかも~!

「可愛らしい内また」はお尻が大きくなりがち!

posture_1

出産で開いた骨盤を元通りに戻すには、かなり意識して全身を引き締めることが必要です。緩んだ骨盤はなかなか簡単には戻らないから、産後はどうしても下半身に脂肪がついてしまいがち。
さらに子どもと一緒に居ると、かがんだり中腰になったりで体の疲れもMAXに。どんどんお腹や脚を“締める”のが大変になり、ゆる~んとした筋肉はさらに働かなくなり……。

実はそんなママ、内また率が非常に高いんです。お腹や脚に力を入れず、楽に歩く“内また”状態が続けば、脚の外側に負担のかかるO脚が進み、骨盤や姿勢・身体全体へと負担が増加。

日本の女性は、いわゆる内股歩行をしている場合が多く、これがO脚になっていく最大の原因となっているのです。

ほねつぎアカデミー『なぜか放置されている日本女性の「O脚」」より引用
☆ほねつぎアカデミー https://www.hone-u.com/column/cate0b1zb/notead1zb.php

全身の代謝も悪くなるので、脂肪がつきやすい体になってしまうんです。

そんな「緩んだカラダ」脱却への第一歩として、試しに足を「ハの字」に開いて脚全体とお尻・お腹に力を入れてみて。キュッと小尻になり姿勢もよくなるでしょう。

ちょっと疲れるけど、その凛々しい姿が本当のあなた。初めは一日に何度か、慣れてきたら常に。意識してその姿勢を保ってみるようにするといいですよ。
内側からステキな女性を目指しましょう!

顔色がキレイに見える「色」を選ぶ

posture_2

みんなそれぞれ違う、瞳や髪、肌の色。もちろん「似合う色」だって違うのです。
肌に直接重ねる服やメイク・ネイルってとても重要で、色次第では肌がくすんで見えたり、逆にいきいきと輝いて見えたりも。

そんな「自分を美しく見せてくれる色」を探すのに役立つのが「パーソナルカラー診断」というもの。髪色や瞳、唇の色などから「春・夏・秋・冬」のタイプに分け、似合う色を教えてくれます。

自分に似合う色が分かれば「選ぶ」時間と労力は激減!「好きな色だけどなんか違うんだよね~」な手持ちのアイテムも無くなりますよ。

☆cecile「パーソナルカラー自己診断」 https://www.cecile.co.jp/sc/color/#sec05-2

バランスとシルエットが「美しさ」のカギ!

posture_3

服を買うときって「お尻が隠れる」「お腹が目立たないゆったり感」を重視して選んじゃってませんか!?
もちろんそれでも良いのだけど、ママみんながどうしても似たようなスタイルになりがちなんです。せっかくあなたにはあなたの美しさがあるんだから、魅力をもっと活かしましょう。

体のシルエットを美しく見せるために役立つのが、肩幅や体の厚みなどから見る「骨格診断」。ウエーブやストレートなど、あなたの“骨格”に合ったスタイルを教えてくれます。

☆骨格診断ファッションアナリスト認定協会「骨格診断・自己診断」 https://www.fashion.or.jp/stylecheck/

posture_4

体形が気になるなら、まずは脚やお尻、お腹に力を入れて“キレイな姿勢”を意識してみましょう。それが無理なくできるようになれば、バランスの良い美しさが自然に生まれます。

そして自分に似合う色・形の服を見極め、手持ちの服をすべて見直してみて。引き締めるべき部分が明確になるので、それから「部分痩せ」にチャレンジしてみてもgood。
“痩せなきゃ”と焦らずとも、すぐにステキな自分の魅力に出会えますよ。

 

★那口絵理監修オススメ記事★

1. 子どもの運動神経・身体能力が伸びる!発育に有効的な時期とキッズトレーニング
2. 【冬編】お手頃プライスで子供が楽しめる場所10選 in関東【前編】
3. 【冬編】お手頃プライスで子供が楽しめる場所10選 in関東【後編】

関連タグ

posture_top

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search