triangle_pose1

寒い冬におすすめ! ウエストを引き締めるヨガのポーズ3選‼

冬の寒さが本格的になってきました。寒さで体がこわばっていませんか?寒さで運動も控えている控えているという方も多いのではないでしょうか?

今回はウエスト引締めに効果があるヨガのポーズを、ヨガ・ピラティスインストラクターの私がご紹介します。寒さに負けずに一緒に体を動かしていきましょう!

自分の身体で三角形を作ってみよう!三角のポーズ(トリコーナアサナ)

① 自然に立ち、両手両足を広げましょう。

triangle_pose2

② 左足先を左横へ向け、身体全体を左へスライドします。

triangle_pose3

③ 左わき腹にできるだけ皺を寄せないように上体を左へ傾けます。このとき左手は左足先に向け、右手は天井へ向けて動きます。バランスがとれれば、視線を右手中指にもっていきましょう。

triangle_pose4

静かな呼吸を数回繰り返し、ご自分の身体を観察しましょう。左手が地面につかない時は、足首を持ったり太ももに軽く手を添えたりしても大丈夫ですよ。ポーズが終わったら、③→②→①の順で元に戻します。右側も同じように行います。

わき腹がグッと締まり、体側の全ての筋肉が伸びているのが実感できると思います。また骨盤を上から吊り下げている腰方形筋という筋肉にも効果的にアプローチできるので、骨盤の歪みが気になるママにもおすすめですよ。

更にウエスト+背中・お尻に効かせる!捻じりを加えた三角のポーズ(パルブリッタトリコーナアサナ)

三角のポーズ(トリコーナアサナ)を行って余裕のあった方、バランス感覚もアップしますので是非捻りを加えた三角のポーズ(パルブリッタトリコーナアサナ)にチャレンジしてみてください。

①②までは、三角のポーズ(トリコーナアサナ)と同じです。

④ 上体を捻りながら、右手を左足先に近づけるようにします。左手が天井に向けて上がります。バランスがとれれば、視線を左手中指にもっていきましょう。

triangle_pose5

呼吸を整え、ポーズをキープします。ウエストだけでなく、背中やお尻にも効いている事がよくわかると思います。きつい時には、左ひざを緩めると楽になりますよ。戻す時は、④→②→①の順で行います。反対も同じ様に行いましょう。

骨格や筋肉だけでなく内臓への刺激も大きいので、老廃物の排出機能アップも期待できます。便秘にお悩みのママさんも是非頑張ってみましょうね!

腰痛緩和にも! 寝た状態での捻じりのポーズ

最後にクールダウンや腰の痛みにも効果的な、寝た状態での捻りのポーズを行います。

① 仰向けで右ひざを抱えます。お尻から太ももの裏の伸びを感じてみましょう。

triangle_pose6

② 右手を横に開き、右ひざを左へ倒します。肩が浮かないように気を付けましょう。余裕が有れば顔を右に向け、静かに呼吸を繰り返します。

triangle_pose7

左右を同じように行います。

いかがですか?お気に入りのヨガのポーズはありましたか?さっそく動きやすい服に着替えて、ご自分の身体と向き合いながらお腹周りをリメイクしていきましょう。

関連タグ

triangle_pose1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search