サラダ

痩せたいなら変えるべきはアノ順番!ベジタブルファーストという食習慣

ニュージーランドの大自然の中で、2人の子育て真っ最中のママライターYangです。

健康的なダイエットのためには、無理な食事制限は厳禁。でも、食べるものを変えないことにはダイエット効果は期待できないと思っていませんか。

食事制限をせず、アノ順番を変えるだけで、いつもの食事がダイエットの強い味方になる食べ方があります。それがベジタブルファースト。

その名の通り、食事の時には野菜を食べる順番を最初にする、というだけなのですが、ダイエットにどのような効果があるのでしょうか。

どうして野菜を最初に食べるの?

チキン

お腹が空いていると、つい白いご飯や、お肉お魚などのメインディッシュをほおばりたくなりませんか。

実は、このような食べ方をすると血糖値を急に上昇させることになり、大量のインスリンを分泌させます。このインスリンは、摂りすぎた糖を体内に蓄え、脂肪に変えてしまいます。これにより、太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。

野菜を最初に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにし、インスリンの過剰な分泌を防ぎます。脂肪がつきにくい体にしてくれるのがベジタブルファーストという食習慣です。

 ベジタブルファーストで得られる効果

メジャーと野菜

・血糖値の急な上昇を抑え太りにくい体に

野菜を最初に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにし、インスリンの過剰な分泌を防ぎます。同じカロリーを摂取していても、糖を脂肪として体に溜め込みにくくなります。

・食べ過ぎを抑える

カロリーが少なく、食物繊維の豊富な野菜は、先に食べることで満足感が得られ、お腹が満たされるのを感じやすくなります。後から食べるメインディッシュや、ご飯などの炭水化物の食べ過ぎを抑えることができます。

・糖化を防いで美肌に

体内の余分な糖はタンパク質と結びつき、AGEs(終末糖化産物)という物質に変化し、肌のくすみ、たるみ、しわなどの老化の原因になります。糖質の少ない野菜を食事の最初に取ることで、AGEsの生成を抑制し、透明感のある素肌を保ちます。

・生活習慣病を予防する

血糖値が高い状態は、糖尿病などの生活習慣病や心筋梗塞などの発症の危険を高めます。ベジタブルファーストにすることは、これらの病気の予防につながります。

ベジタブルファーストを始めよう!

メイソンジャーに入った野菜

ベジタブルファーストの基本的なやり方は、食事の一番最初に野菜を食べるという、とてもシンプルなもの。

たくさんの野菜をよく噛んで、時間をかけて食べましょう。そうすることで血糖値の上昇を緩やかにし、満足感も得られ、食べ過ぎの防止にもつながります。

さらにダイエット効果をアップさせたいなら、野菜の次は汁物を、次にお肉やお魚などのメインディッシュ(タンパク質)、最後に主食のご飯やパン(炭水化物)という順番で食べるようにしましょう。

外食で野菜をたくさん食べるのが難しい時は、食事の前に野菜ジュースを飲むことでも同じような効果が得られます。
食べるものも、定食のように野菜や汁物が入っているメニューにするといいですね。

野菜を最初に食べるという簡単な決まりを守るだけで、無理なくダイエットが成功し、美肌も健康も一度に手に入るベジタブルファースト。

毎日の食事にぜひ取り入れましょう。

関連タグ

サラダ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search