女性と壁

「美人の必須条件」はどこにでもある○○を使って簡単に手に入れる!

ニュージーランドの大自然の中で、2人の子育て真っ最中のママライターYangです。

美しい人、気品ある人、スタイルの良い人、若々しい人。女性の憧れる「美人」と言われる人に必ず共通しているものって何でしょう。
答えは美しい姿勢。
美しい姿勢は、良い印象を与えるだけでなく、全身の筋肉をバランスよく使うため、意識するだけでダイエットにつながります。

子育てにスマホ……現代のママに猫背が大流行中!

帽子をかぶった子供と母親の後ろ姿

イーママ世代のママ達は、子育て真っ最中!小さい子供を相手に毎日を過ごしていると、背中を丸めて下を向いている姿勢でいることが多くなります。
加えて、スマホの普及により、さらに下を向く時間は増え、姿勢は悪くなるばかり。
姿勢だけにとどまらず、猫背による顔のたるみも気になってきます。姿勢の悪い外人女性

悪い姿勢は、外見が悪くなるばかりでなく、肩凝り、目の疲れ、腰痛などの原因に。
さらに、あご下やお腹にお肉がつく、バストが下がるなど、良いことは1つもありません。

美しい姿勢を手に入れるため、必要なものは「壁」!

草の壁

とはいえ、姿勢を正そうとしてみたところで、胸を張れば反り腰になり、あごを引けば二重あご。
自己流では、どうすれば美しい姿勢を作れるのか分からない!という方が多いのでは。
そこで活躍するのが、どこにでもある「壁」です。
壁を背に立ち、ガイドラインとすることで、基本の姿勢を作ることができます。
壁なのでぶれることはなし。持ち歩く必要もなし。気になったときにどこでも美しくなれる、最高に便利な道具なんです。

壁を使った美しい姿勢の作り方

人形とボトル

1.壁を背に立ちます。
2.かかとをつけ、つま先はこぶし1個半ほど開きます。土踏まずのカーブをきちんと作るように意識します。
3.両膝をなるべく付けます。
4.恥骨を前にスライドする様にして、骨盤を立てます。
5.背中と壁の距離は手の平一枚分です。壁と背中が離れてしまう人は、腹筋を使い、お腹をひっこめる力で背中を壁に引き寄せます。
6.胸を開き、肩甲骨を壁に付けます。
7.後頭部を壁に付け、あごを少し引きましょう。
8.かかと、お尻、肩甲骨、後頭部がすべて壁に付いた状態です。美しい姿勢が出来上がりました。

姿勢を正すことで、美しく見えるために必要な筋肉を引き締めることができます。
適度な筋肉は代謝をアップさせ、痩せやすい体に。胸を開くことでバストアップ効果や、猫背からくる顔のたるみも解消されます。
体のゆがみが改善されることで、腰痛や肩凝りなども軽減されます。

何度も壁に立ち、体に記憶させることで、意識せずとも美しい姿勢を保てるようになれば、自然とスタイルアップし、美人と言われるようになるかも!
どこにでもある壁、ぜひ有効に活用しましょう!

関連タグ

女性と壁

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ピックアップ記事

search